幼児教育教材の比較・口コミランキング

top image

幼児教育教材 おすすめランキング

こどもちゃれんじ baby (0・1歳)の口コミ・レビュー

出産後、資料請求をするとプチプレゼントがついてくるという広告を見て、プレゼント欲しさに資料請求してみました。
その後正式に入会することになったきっかけは、生後5ヶ月から開始する特別号にとても豪華なプレイマットがついていたことでした。

実際届いてみると、発色がきれいでかわいらしく、子どももすごく興味を持っていました。
特にいいと思ったことはおもちゃの安全性です。

口に入れたり投げたりしても壊れず、誤飲する心配がなく、とにかく安心して遊ばせられました。
市販のおもちゃでこのクオリティを求めると月2,000円ではとても抑えられません。それから毎月届く絵本もとてもよかったです。

まず素材がしっかりしているので、引っ張ったり噛んだりしても破れにくいです。
おもちゃと連動した内容になってる回も多く、おもちゃと同じ絵が絵本に出てきたりすると子どもも面白そうにしていました。

赤ちゃんの時に何度も読んだ本は少し大きくなっても記憶に残っているようで、ひらがなが読める年になった子どもが今度は1人でその絵本を読んだりもしています。
1人目でどんなおもちゃを与えていいのか分からなかったので、月齢に応じたおもちゃが自動的に届く子どもチャレンジはとても助かりました。
長女は、赤ちゃんのときから生後3か月からチャレンジを始めました。
毎月の付録が月齢にあっていて、知育的なオモチャも多く、よく遊んでいます。

赤ちゃんのときには、10か月検診、1歳半検診、3歳児検診に役立つような付録もあり、検診の時に役立ってよかったです。
料金も一年を通してか、毎月払うかで選べます。
一年を通しての値段は、とてもお手軽な値段で、子どもが満足いくような付録ばかりなので嬉しいです。

毎年毎年契約をしていくのですが、早めに登録すると、特典で商品がもらえたりととてもいいです。

次女は、ベビーチャレンジのお試しセットを購入しました。届く場所も玄関かポストか、色々指定ができました。
赤ちゃんのベビージムのセットのおもちゃが届きました。

ベビージムは、月齢ごとに組み替えたりできます。
うつぶせのたいせいのときには、ベビージムを三角の形に組み立てができました。
また6か月になったらベビーチャレンジ再開しようとおもいます。

幼児ポピー ポピっこ ももちゃん (2・3歳)の口コミ・レビュー

「幼児ポピー ポピっこ ももちゃん」は、幼児教育教材の中でもリーズナブルな価格帯になっているのでコストパフォーマンスに優れています。
教材の内容も共感が持てるものばかりでした。
我が子に覚えさせておきたい基本的な事が全て盛り込まれているため、この教材のメリットを十分に感じました。

それに我が子との相性も良かったです。この教材を使うと我が子はニコニコと笑みがこぼれるので楽しさを感じてくれています。我が子は、毎月届くこの教材が楽しみにしてくれています。
ここまで我が子との相性が良い幼児教育教材はなかったほどです。

なお幼児教育教材は家計負担が重く圧し掛かってきますが、この教材はリーズナブル価格帯であることからも家計負担が重くならずに済む点も親からの立場からすれば助かります。
そこまで収入が良いとは言えませんが我が子にはしっかりと教育をしていきたいでので、リーズナブル価格帯の「幼児ポピー ポピっこ ももちゃん」の幼児教育教材はとても役立ちます。
幼児ポピーももちゃんは、ママ友からすすめられて受講してみようかなと思いました。専業主婦であまり経済的に余裕がないのですが、コスパが良くて継続しやすい教材だなと思いましたね。娘と1日中2人で家にいるとすごく退屈なのですが、これを受講するようになってからは一緒にこれを読んでコミュニケーションをとることができすごく良いです。

娘はピンク色が好きなんです。だからももちゃんを見ていつもニコニコしています。心や頭を楽しく育むことができて、あいさつなどのしつけも自然と学ぶことができるようになっています。シールを使うので子供は大喜びです。子供ってシールをペタペタ貼ることが好きですよね。

幼児ポピーももちゃんを受講する前は、同い年の子よりも言葉が少ないかもとちょっと不安だったんです。でも、幼児ポピーももちゃんのおかげでどんどん言葉を吸収していく姿に驚いています。日ごろから言葉が増えたなぁと実感。母娘の絆が深まってきたと感じて嬉しいです。

ベビークモン (0歳向け)の口コミ・レビュー

ベイビークモンを始めて9ヶ月ほどになりますが、ベイビークモンは全部で12回コースなので、後半戦に入ってきています。利用してみた感想としては、まず「毎回バリエーション豊富な教材がついてくる」のが気にいっています。

中でもメインの位置づけにある「やりとりブック」は特にお気に入りです。子供とのちょっとした触れあい遊びや身の回りの単語を教えるのにちょうど良い冊子になっています。やりとりブックのおかげで、一人で「いないいないばあ」ができるようになったり、頭の場所を聞くと「頭をポンポン」したりして、子供らしい可愛い動作が見れて、こちら側も癒やされながら学んでいくことができます。

次に気に入っているのが「うたブック」です。ベイビークモンではうたブックを3回に1回の割合で、童謡の本がついてくきます。1冊につき「10曲」程度の童謡の歌詞が収録されており、うちの1曲は英語の曲になっています。CDについていふQRコードを読み込めば、スマホでも聞けるようになっているので、なにかの待ち時間などスマホで童謡で聞かしたりしています。

ベイビークモンは、子供と親が一緒になって楽しむことができるように工夫されており、子供も親もとても気に入って毎日行うようにしています。
ベビークモン の0歳向けを子供に受けさせていたのですが、個人的な感想として「親の喋り相手」という感じです。
「それが良い」と感じる人もいると思いますが、別に子供と一緒になって遊んでくれるわけではなく、今月の絵本やおもちゃを渡して、あとは大人同士でお悩み相談を始めると言った感じです。

それが悪いとは思いません。近所に相談する相手がいない人には、ストレスや悩みのはけ口になり良いと思いますし、家に籠もりっぱなしよりも少しでも子供と外に出た方が良いと思います。

しかし、子供のためになにかするわけではないので、それなら家に来てくれたらいいのではないかと感じました。

自分がベビークモンを子供にさせている時は、地域の集会所に時間になったら行って、30分程度喋り相手になってもらい終わりと言った感じでした。
そこで渡されたおもちゃや絵本は、家に持ち帰り、自分たち親が読み聞かせたり、一緒になって遊ぶといった感じなので、もう少し子供の相手をしてほしかったなと感じました。

Z会 幼児コース (年少)の口コミ・レビュー

Z会は中高生の塾というイメージがあって、幼児向けのものもガチガチに勉強しなければならないのかなと思っていました。
しかし、資料を見るとそうではないことがわかり、子どもにやらせてみようかなという気になりました。

教材は実際に体を動かすものが取り入れられています。
何か特別なものを用意する必要はなく、ハサミや紙など家庭にあるものを使って行うものです。
特別なものを用意しなければならないとなると、親の負担が大きくなるし、子どもも普段知らないものなので、取り組みにくいと思います。

でも、Z会の教材はそうではないので、親の負担が少ないし、子どもも見慣れているものなので、抵抗なく取り組むことができます。

保護者向けの冊子もあって、遊びを学びに変える工夫が紹介されていて、子どもと接するときの役に立っています。
親も学ぶことがあるのだなと感じました。

また、遊びを学びに変える工夫をすることで、親自身がこれまで目を向けていなかったことに目を向けられるようにもなりました。
「あと伸び」というキーワードで講座の特徴を伝えているプログラムですが、その言葉の通り、3ヶ月ぐらい取り組んでいると会話の内容が変わったな、と実感するようなプログラムだと思いました。

具体的には、絵本型教材(福音館やフレーベル館の定期配本が好きな方にはかなりオススメ)と体験型教材「ぺあぜっと」、ワーク教材「考えるちからワーク」の3本立てで教材が届きます。
正直に言って、ちゃんとやろうとすると、ワーク教材はドリルのように本人と一緒に取り組めばいいのですが、体験型教材は工作や野外に出て、など結構人によってはめんどくさく感じるものも多いです(失礼!)。

しかしながら毎回体験型教材を子ども主体で一緒に取り組んでいると、赤ちゃんぽかった我が子の目がキラキラして様々なものに興味を持つ様子がわかり、数ヶ月すると単にテレビなどを見ていても質問の内容なども変わってきた気がしました。

個人的に毎月本当に良かったのはZ会の親向け情報誌「ぺあぜっとi」にある大学教授や教育研究家の方々のアドバイスです。
なぜ親が手を出してはいけないのか、自主性を育むためにどうコミュニケーションを日常的に取るべきか、今回のワークの狙いは何か、親が根を詰めずに子どもが自然に伸びていくために何が大切かなど、しっかりと解説が載っているので、様々な教材にうまく取り組むことができたと思います。

ドラキッズ ClassBaby (満1歳)の口コミ・レビュー

私の家には息子と娘がいるのですが、長男の息子は男のとあってドラえもんが非常に好きで、そしてドラキッズClassBabyを利用したことがありました。

勿論、イラストのドラえもんがお気に入りでそれを見ては、前向きにドラキッズを持ち出し中を覗くようになってくれました。
おかげさまでそれほど苦労することなく、子供から進んで何かを学ぼうとしてくれました。

文字や数字に関してはまだ1歳と言うこともあり、良く解ってはいませんが徐々に慣れていき、そして私自身も子供と一緒に勉強することが出来ました。

最初は全くでしたが、まずはひとつひとつに慣れさせることが必要でしたので丁寧に教えて行きました。
最終的には自分からその文字や数字を理解し楽しんで利用するようになってくれました。

また、大きな変化と言えばまだ1歳でしたが何かをする際には考えると言う思考が生まれたような気がしました。
それは日頃の言動に現れるようになったからです。
3 人の方が役に立ったと言っています。
1歳児向けのドラキッズ ClassBabyに関しては、周りの人たちの評判が非常に良い状況でした。

ドラえもんが特徴的な教材みたいで、そこが子供の興味を惹く存在になっているようです。

ドラえもんって、もう少し大きくなった子供の方が興味を示しやすいんじゃないか?とは思っていたものの、このくらいの年齢でも問題ないみたいです。

やっぱり小さい子供はドラえもんが大好きなようで、これは誰もが通る道なのかもしれません。

ドラえもんは広告塔のような存在でしょうけど、おかげで子供はとても勉強が好きになったので、私としてはかなり理想的な状況だったと言えます。

恐らく他の家庭の子供たちも同じような反応になるのではないか?と思います。

学習は子供がある程度自主的にやることで意味があるものだと思いますから、そこを実現させるための仕掛けは重要です。

ドラキッズ ClassBabyの場合にはその仕掛けに関して、十分な面が存在していると感じました。