幼児教育教材の比較・口コミランキング

top image

幼児教育教材 おすすめランキング

こどもちゃれんじ baby (0・1歳)の口コミ・レビュー

子供が生まれた時、どんなおもちゃを与えれば良いのか迷いました。周りで聞いていると、買っても直ぐに飽きて使わなくなると言っていたので勿体無いなと感じていました。

そんな時に友人からこどもちゃれんじは結構赤ちゃんも興味を示すし楽しいという風に教えてもらいました。月々の支払いもそんなに高くなかったことや、成長に合わせた教材を提供してもらえるとのことで入会を決めました。

最初にしまじろうのパペットや、絵本、DVD等が届きました。
試しにDVDをつけると、子供の動きが止まってしまじろうに釘付けになりました。
そして嬉しそうに声をあげたり、手をパチパチと叩いたりしていて驚きました。

確かにDVDは色んな効果音があったり、映像がとても綺麗でした。赤ちゃんが見やすいように映像はアニメ形式ではなく、本当にぬいぐるみが動いているように作製されています。
私も見ていて何だか懐かしい気持ちになりました。

子供のぐずりも少なくなり、しまじろうのおかげですごく助けられています。
3 人の方が役に立ったと言っています。
妊娠中から「たまごクラブ」の雑誌を購入していて、アプリもダウンロードしていたので、出産後に「こどもチャレンジ」のDMが届きました。
中には、お試しDVDなどが入っていて、毎月、月齢に合わせた知育玩具が届くので、何を買っていいか分からなかった私は、早速入会しました。
月額も1,650円とお安く、始めやすかったです。

一番初めはプレイマットが届きました。
生後6ヶ月になり、周りの物に興味津々だった我が子は夢中で遊んでいました。
また、DVDは歯磨きし仕方などが映像で入って届くので、こどもが楽しく学べて良かったです。
絵本も届き、しまじろうのキャラクターが大好きになった我が子に、何回も読んであげました。

ただ、毎月おもちゃが増えるので、スペース確保が大切です。
大人向けの読み物も入っていて、その月齢時期にあったアドバイスや同じママたちの悩みなどが書かれていて、悩んでいるのが自分だけではないと思うと心強い気持ちになりました。

はじめてのお子さんで、何を買ったらいいか迷っているママにオススメの教材です。
17 人の方が役に立ったと言っています。

幼児ポピー ポピっこ ももちゃん (2・3歳)の口コミ・レビュー

ポピっこももちゃんを使ってみようと思ったのは、たまたまネットで見かけたからでした。
子供が丁度2歳になり、何か新しい教材を探していたのです。ポピっこももちゃんは、うちの子供にとても相性が良く、私自身も楽しく遊ぶ事が出来ました。

まず、ももちゃんの良いところは、覚えておきたい基本的な事が全て盛り込まれている事です。
挨拶であったり、大きさや色や、知育教育がふんだんに盛り込まれています。

また、シールを貼ったり自分でサイコロを作ったり、絵本を読むだけではなく自分で手を動かして学ぶ事ができるので、子供も飽きずに楽しんでいるようでした。

ももちゃんで学んだことはすぐに行動に移したいらしく、赤や青といった色を見ると、すぐに私の手を引いて、「あれ、あれ!」と教えてくれたり、子供の中の学習能力が上がったと思います。ももちゃんを始めて良かったと、改めて思います。

もしも悩んでいるママさんがいれば、是非とも試してみて欲しいです。
3 人の方が役に立ったと言っています。
この教材を娘に使ってあげると3歳の娘はとても喜びました。
具体的にどう喜んだかというと、「ももちゃんとオードリーが可愛い」「数を数えるのが面白い」「絵がきれいで見やすい」と言ってくれました。

娘の友達の家に遊びに連れて行っても娘は夢中になってこの教材を読むほどに気に入っており、友達にもこの教材を読ませてあげていました。
家で過ごしている時にはぬいぐるみを相手に読み聞かせをするなど、娘なりの楽しみ方をすることもあります。
夕食が終わると決まって娘はこの教材を読み、我が家ではそれがお馴染みの光景となっています。
もう買って半年になるのに、娘は毎日のように飽きずに読んでいます。

父親の私としても、特段に教育的に悪い内容もなく、ストーリーもきちんと子供向けであるこの教材を高く評価しています。
ポピーの教材はどれも高品質であり、子供に使っても失敗がありません。
本当にこれを娘に買ってあげて良かったと心から思い、メーカーには感謝しています。
9 人の方が役に立ったと言っています。

ベビークモン (0歳向け)の口コミ・レビュー

お友だちのお誘いで、ほぼ同じ月齢の6人とベビークモンに通っていました。

簡単なクモンのおはなしを聞いて、教材をもらいました。読みきかせを聞きながら、親子で絵本を楽しみました。わが子も集中していました。
CDで。童謡を聞いたり、歌ったりもしました。

残りの時間でクモンの教材で自由に遊ぶこともできました。
まだ、お勉強という感じではないですが、お友だちと楽しく教材に触れて、親子のふれあいもできるし、楽しみながらすごせます。

絵本、CD教材は各自持っているので、家に帰ってからも親子でふれあいながら、読みきかせができました。
CDは家ではもちろん、車でもいつも聞いていました。

クモンの教室に行くのはとても楽しかったです。
家で2人でいるよりも教室に行くことでゆっくりふれあいの時間を持てました。
クモンの教材の絵本はとても気に入っていて、少し大きくなってからもよく読みました。
教材以外にも先生オススメの絵本を読んだりもしました。
ベビークモン は教材としては、CDと絵本という部分が特徴だと思います。

CDや絵本がついている幼児用教材は数多くあると思われるものの、このベビークモンに関しては組み合わせて使うことができる点に特徴があるのです。

というのも、CDの歌詞を絵本で表現しているようになっており、CDとして聞いたことが絵本で復習できるような状態なのです。

したがって、CDを聞きながら絵本を見るという使い方もでき、自分が絵本を読み聞かせしなくても、CDを聞かせながら絵本を見てもらうことができ、親の手間の削減にも有効だなと思いました。

こういった感じの幼児用教材というのはそこまで多くないと思うので、このベビークモンは割と特徴的な部分を持っていると思ったのです。

基本的にはメリットにしかならない特徴を持っていると思いますし、ベビークモンは多くの家庭にとっておすすめできると思います。
7 人の方が役に立ったと言っています。

Z会 幼児コース (年少)の口コミ・レビュー

娘が幼稚園に入るときに、なにか習い事をさせたいと思いいろいろ調べました。その結果、自宅でできるZ会を選びました。

内容は、運筆や間違い探しなど、子供が無理なくできる知恵遊びから始まりました。娘は太い鉛筆を手に楽しく進めています。

幼児の年齢に合うように作られている教材なので親が教え込まなくても良いのですが、難しくなってきたら考え方のポイントを
ちょこっと言ってあげると、またすらすらと進んでいきます。

教え方、考え方はテキストと一緒についている解答に、かなり親切に載っています。解答を読んでも教え方が難しいときは、
質問カードなのでZ会に質問することもできます。

また、おもちゃ類がついてこないので、家のなかがごちゃごちゃしないのも良い点だと思います。

ひとつデメリットをあげるとすると、先生がいる塾とは違い親が見なければいけないことです。
横にいてあげたり一緒に体験教材をしたり、まるつけをしたり。親子のコミュニケーションとなるので、それが良いところでもあるのですが、忙しいときなどは大変だと思います。
いくつかある幼児通信教材。年少コースはひらがな読みをマスターすることが目標となっていることが多い。大手の通信教材も電子おもちゃがついてきて人気だ。
だが、我が家の子供は入園時にはひらがな読みはできていたし、他に届く予定の教材も似たようなものをもっていたため、他社で検討。
その結果、口コミがよさそうなZ会幼児コースを受講してみた。

年少コースを1年使用した感想だ。まずワーク。こちらは簡単そうにすいすいとこなし、1、2日で終えることがほとんど。
難しい問題があるというより、簡単な問題でも解けて自信がついたり、勉強する習慣をつけることが目標なのかなと思う。

そしてZ会幼児コースのメイン、ぺあぜっと。こちらは本当によく出来ている。
1つ1つのテーマはとても身近なことだったり、材料を準備する手間がある。本を借りてきたりネットで調べたりすればある程度見つかりそうなテーマだが、年少児を対象としたものばかり見つけるのは難しい。それが1冊にまとまっていて、こどもはこれもやりたい!あれもありたい!と夢中になる。
しっかり子供と向き合って、会話して試行錯誤しながら実験をしたり。ただ知識を詰め込むのではなく、自分で考えて挑戦、失敗を繰り返す。信頼している親と一緒にするのだから塾などとは違って遠慮なく思いっきりできる。

人見知りの我が子はほかの子や先生がいると発言出来なかったり、最後まで順番を待っているタイプなので、自宅でたくさんの経験ができるのはとても良いと思った。
大きくなってからも、小さい頃親と思いっきり遊んだり何か目標に向かって一緒に取り組んだりした思い出というのはかけがえのないものだと思う。

ここまでは良い面を紹介してきたが、ここからは気になる点だ。
まず料金が他社と比べて高い。今すぐ身につく知識ではなく、体験することにお金を払うわけで、そこをしっかり理解している方でないと納得できない金額かもしれない。

2点目が、親がしっかり向き合う時間を確保できるかということだ。
親が見ていなくても自動で丸付けしてくれるタブレット教材もある中、Z会はその正反対である。
親が関わり、一緒に体験することを目的としている。

仕事をしていたり、下の子がまだ小さかったりするとなかなか時間をとれず、挫折したという口コミも多い。
だが、中学受験、有名大学受験にも強いあの有名なZ会が出している教材なのだからやはり納得できる。
土日はぺあぜっとと習慣がつけば、だらだらテレビを見せたりゲームをする休日よりも、濃い親子時間を過ごせるようになるのではないか。
9 人の方が役に立ったと言っています。

ドラキッズ ClassBaby (満1歳)の口コミ・レビュー

ネットの口コミを見て、ドラキッズであれば1歳児でもできる教材があるということでやってみました。
もともとあまり教材などに目を向けない子だったので、好奇心を持って遊んでくれるか心配だったのですが、かなり教材を始めてから変わったなと思います。
教材は絵本が一番気に入っているようです。

もともと本を読むことが好きだったのですが、ドラキッズの本は興味があるのか毎回読んでほしいと本を持ってくるくらいすきなようです。
ママごとセットも頂いたのですが、女の子ということもあってか毎日のようにままごとをしています。
ままごとを通して食べ物の名前を覚えさせたり、まだうまく喋れないのですがおままごとセットの中にあるものの中で「〇〇持ってきて」といえば持ってきてくれるようになったりと成長しています。

1歳でもこういった遊びができるんだなということが分かりましたし、何よりも子供が自分から興味を示すということが増えていて、そういった面でも教材をやってよかったなと思いました。
11 人の方が役に立ったと言っています。
ドラキッズに関しては、突いてくる絵本が特に魅力的だと思います。

絵本それ自体は子供はかなり好きなようでしたが、この教材についてくる絵本に関してもすごい興味を持ってくれています。

大人から見ても、絵本のイラストが非常に大きくて、見やすく、分かりやすいようになっていると感じます。

子供にとってもそういったところで魅力的に感じられているのではないでしょうか?

絵本が嫌いな子供、興味を示さない子供というのはかなりレアじゃないか?と思いますから、そういう意味ではこのくらいの年齢の子供には特に向いている内容だと思います。

こちらが読み聞かせなくても、自分から絵本を開いてみようとする姿勢も見られますし、自主的な学びを促すことができている気がしました。

そういった意味では、このドラキッズはかなり役に立ったという実感が持てますし、使ってみて良かったなと思ったのです。
5 人の方が役に立ったと言っています。