幼児教育教材の比較・口コミランキング

top image

最新の口コミ

2022/08/04 提供された教材がたくさんありすぎる ベビークモン (0歳向け)

2022/07/31 長く培われてきた教材、どんどんリニューアルして進化してます こどもちゃれんじ じゃんぷ (5・6歳 年長コース)

2022/07/27 Z会幼児コースを子供が主体的に取り組む姿を見て続けようと思っています Z会 幼児コース (年長)

2022/07/23 小さい頃から学ぶ楽しさを味わえる こどもちゃれんじ ぷち (1・2歳)

2022/07/19 0歳向けベビークモンを使用したら子供の表情が豊かになって親としても楽しい毎日です ベビークモン (0歳向け)

幼児教育教材 おすすめランキング

こどもちゃれんじ baby (0・1歳)の口コミ・レビュー

月齢にあったものが届くので助かりました
息子が産まれてから様々なおもちゃや絵本をお店で検討してきましたが、おもちゃも絵本も多く与えればいいというものでもないだろうと思い、少しでも知育おもちゃの要素や息子の月齢にあったものが欲しいと考えていました。

そこでよく来ていたDMが目に入り、学生時代は私自身もベネッセの教材を使っていたことから親近感もあったので受講してみることにしました。
毎月エデュトイと呼ばれる、月齢にあったおもちゃが届くのですが、わざわざこちらで考えなくてもいい最適なものが届くのでとても良かったと思います。

ただこれはお店で買ったものでも言えることですが、どうしても子供が全く興味を示さないものもあり、これは月齢があがっていくほどはっきりしてきました。
でもいろんな知育おもちゃに触れられて、親としてもよく考えられてるなぁ、なんて感心しながら楽しめました。
絵本もとても良かったです。

しかけ絵本もよく届きましたが、読んであげると子供もしかけに手を伸ばして喜んでいました。
子供への教材だけでなく、子育て応援ブックのようなものも毎月届き、初めての子供でわからなかったことも多かったので助かりました。
子どもチャレンジ ベビー キッズ
長女は、赤ちゃんのときから生後3か月からチャレンジを始めました。
毎月の付録が月齢にあっていて、知育的なオモチャも多く、よく遊んでいます。

赤ちゃんのときには、10か月検診、1歳半検診、3歳児検診に役立つような付録もあり、検診の時に役立ってよかったです。
料金も一年を通してか、毎月払うかで選べます。
一年を通しての値段は、とてもお手軽な値段で、子どもが満足いくような付録ばかりなので嬉しいです。

毎年毎年契約をしていくのですが、早めに登録すると、特典で商品がもらえたりととてもいいです。

次女は、ベビーチャレンジのお試しセットを購入しました。届く場所も玄関かポストか、色々指定ができました。
赤ちゃんのベビージムのセットのおもちゃが届きました。

ベビージムは、月齢ごとに組み替えたりできます。
うつぶせのたいせいのときには、ベビージムを三角の形に組み立てができました。
また6か月になったらベビーチャレンジ再開しようとおもいます。

幼児ポピー ポピっこ ももちゃん (2・3歳)の口コミ・レビュー

うちの子供がももちゃんで大喜び!
ポピっこももちゃんを使ってみようと思ったのは、たまたまネットで見かけたからでした。
子供が丁度2歳になり、何か新しい教材を探していたのです。ポピっこももちゃんは、うちの子供にとても相性が良く、私自身も楽しく遊ぶ事が出来ました。

まず、ももちゃんの良いところは、覚えておきたい基本的な事が全て盛り込まれている事です。
挨拶であったり、大きさや色や、知育教育がふんだんに盛り込まれています。

また、シールを貼ったり自分でサイコロを作ったり、絵本を読むだけではなく自分で手を動かして学ぶ事ができるので、子供も飽きずに楽しんでいるようでした。

ももちゃんで学んだことはすぐに行動に移したいらしく、赤や青といった色を見ると、すぐに私の手を引いて、「あれ、あれ!」と教えてくれたり、子供の中の学習能力が上がったと思います。ももちゃんを始めて良かったと、改めて思います。

もしも悩んでいるママさんがいれば、是非とも試してみて欲しいです。
3 人の方が役に立ったと言っています。
ポピっこももちゃん受講!言葉をどんどん吸収していっています
幼児ポピーももちゃんは、ママ友からすすめられて受講してみようかなと思いました。専業主婦であまり経済的に余裕がないのですが、コスパが良くて継続しやすい教材だなと思いましたね。娘と1日中2人で家にいるとすごく退屈なのですが、これを受講するようになってからは一緒にこれを読んでコミュニケーションをとることができすごく良いです。

娘はピンク色が好きなんです。だからももちゃんを見ていつもニコニコしています。心や頭を楽しく育むことができて、あいさつなどのしつけも自然と学ぶことができるようになっています。シールを使うので子供は大喜びです。子供ってシールをペタペタ貼ることが好きですよね。

幼児ポピーももちゃんを受講する前は、同い年の子よりも言葉が少ないかもとちょっと不安だったんです。でも、幼児ポピーももちゃんのおかげでどんどん言葉を吸収していく姿に驚いています。日ごろから言葉が増えたなぁと実感。母娘の絆が深まってきたと感じて嬉しいです。

ベビークモン (0歳向け)の口コミ・レビュー

本を読むのが好きな子になってほしい
ベビークモンを始めようと思ったきっかけは、近所に住んでいた同級生の子供が先に入会していたため、紹介してもらったからです。
両親とも本を読むのが好きなので、子供にも「本を読むのが好きな子」になってほしいと思いましたし、ベビークモン には、「読み聞かせ1万 うた200 賢い子」という標語が掲げられており、それも魅力に感じ、入会することにしました。

ベビークモンを利用してみて、昔歌えていた童話や季節の歌などが「なんとなく、こんな感じ」としか覚えてなくても、CDに童話や季節の歌などが入っている「うたブック」と教材があるので助かりました。
歌は、子供が喜ぶだけでなく、言葉やリズム感を身に着けるには良いと個人的にも思っているので、ちゃんとした歌を聞かせれるのは良かったです。

あと、「やりとりカード、やりとりぶっく」も子供の食いつきがよく何度も遊んでいます。自分と子供とのコミュニケーションツールになっているので、これからも続けていきたいと思っています。
0歳向けベビークモンを使用したら子供の表情が豊かになって親としても楽しい毎日です
ママ友から幼児教育教材はベビークモンがオススメだと言われたので、0歳からベビークモンを始めることにしました。クモンはとても有名で大手なので安心感があります。なんだか効果がありそうだなと期待して始めることにしました。

0歳の我が子にどんな教材が良いかなんてわからないので、こういう教材があると本当に助かります。入会金や教材費は不要で、月額が2200円というのはすごく安いなと感じました。これで我が子の成長にあった教育を受けさせることができるならコスパが良いと思いましたね。

クモンの先生から子供への接し方、子供の興味をしっかりと引き出す教材の使用方法を教えて頂きました。絵本やカード、CDなどを前にして子供が刺激を受けていることがハッキリとわかりました。
この教材を使用する前に比べると表情が豊かになったなと思いますし、親子のコミュニケーションがうまくとれているので私も子供と関わることがとても楽しい毎日になりました。

Z会 幼児コース (年少)の口コミ・レビュー

子だけでなく親にとっても非常に良質なコンテンツが届く真面目なプログラムと感じました
「あと伸び」というキーワードで講座の特徴を伝えているプログラムですが、その言葉の通り、3ヶ月ぐらい取り組んでいると会話の内容が変わったな、と実感するようなプログラムだと思いました。

具体的には、絵本型教材(福音館やフレーベル館の定期配本が好きな方にはかなりオススメ)と体験型教材「ぺあぜっと」、ワーク教材「考えるちからワーク」の3本立てで教材が届きます。
正直に言って、ちゃんとやろうとすると、ワーク教材はドリルのように本人と一緒に取り組めばいいのですが、体験型教材は工作や野外に出て、など結構人によってはめんどくさく感じるものも多いです(失礼!)。

しかしながら毎回体験型教材を子ども主体で一緒に取り組んでいると、赤ちゃんぽかった我が子の目がキラキラして様々なものに興味を持つ様子がわかり、数ヶ月すると単にテレビなどを見ていても質問の内容なども変わってきた気がしました。

個人的に毎月本当に良かったのはZ会の親向け情報誌「ぺあぜっとi」にある大学教授や教育研究家の方々のアドバイスです。
なぜ親が手を出してはいけないのか、自主性を育むためにどうコミュニケーションを日常的に取るべきか、今回のワークの狙いは何か、親が根を詰めずに子どもが自然に伸びていくために何が大切かなど、しっかりと解説が載っているので、様々な教材にうまく取り組むことができたと思います。
Z会 幼児コースは遊びながら学べる内容
Z会 幼児コースは遊びながら学べる、そんな雰囲気の内容になっている気がしました。

中には工作と言えるようなものが含まれている場合があり、これは子供であれば興味を持ちやすい状況だと思います。

学ぶというよりは、楽しむという部分に重点が置かれている気がして、これなら子供が積極的に取り組む姿が十分のイメージできます。

子供って基本的に勉強が嫌いですから、いかにも勉強といった感じの教材だとやる気を見出しづらいと思います。

だからこそ、いかに勉強ではないと思わせられるか?が大切だと言えますが、このZ会 幼児コースでは、そこを突き詰めている気がしました。

Z会と言えば受験勉強のイメージが強いかもしれないですけど、多くの人が抱いているZ会のイメージとはいい意味で違った部分が感じられる内容です。

どういった子供にも対してもおすすめできる状況になっているため、多くの親御さんに1度検討してもらいたいと思います。

ドラキッズ ClassBaby (満1歳)の口コミ・レビュー

興味を示してくれたのが嬉しかった
教材は、やっぱりドラえもんのイラストが挿入されていました。
ことば・かず・かたちに触れながら、身近なものへの関心を育むっていう教材だったのですが、もう少し、単語が分かりやすいものだったら嬉しいです。

時折、これは1歳の子が知らないだろうっていう単語が出てくるので、そこは改良してほしいです。

例えば、机は分かるけど、引き出しを開けてみようみたいなことだったり、ボールなら分かるけど、サッカーボールって言葉はまだ早いかなって印象です。
かかし、糸電話などもそうです。

親子遊びっていう延長線上に「覚える」っていう暗記力に繋がるヒントがあるので、遊ぶ時間が作れるときに利用していました。

ドラえもんや他のキャラクターなどのイラストの吹き出しについては、為になるポイントなどが書かれていて、親も勉強になりました。

また、周りに興味を持ち始める1歳だけど、うちの子は人より遅れてるって不安でしたが、葉っぱを見てみようみたいに、観察させたりするテキストもあって、色んな興味を深めてくれて助かる教材もありましたから、利用して良かったです。
ドラキッズはドラえもんという存在が上手い仕掛けになっている
1歳児向けのドラキッズ ClassBabyに関しては、周りの人たちの評判が非常に良い状況でした。

ドラえもんが特徴的な教材みたいで、そこが子供の興味を惹く存在になっているようです。

ドラえもんって、もう少し大きくなった子供の方が興味を示しやすいんじゃないか?とは思っていたものの、このくらいの年齢でも問題ないみたいです。

やっぱり小さい子供はドラえもんが大好きなようで、これは誰もが通る道なのかもしれません。

ドラえもんは広告塔のような存在でしょうけど、おかげで子供はとても勉強が好きになったので、私としてはかなり理想的な状況だったと言えます。

恐らく他の家庭の子供たちも同じような反応になるのではないか?と思います。

学習は子供がある程度自主的にやることで意味があるものだと思いますから、そこを実現させるための仕掛けは重要です。

ドラキッズ ClassBabyの場合にはその仕掛けに関して、十分な面が存在していると感じました。