幼児教育教材の比較・口コミランキング

top image

最新の口コミ

2024/04/20 スマイルゼミを3歳から導入してみました。(子供の学習支援に便利) すまいるぜみ 年長コース

2024/04/17 子供の成長を促進する学習ツール こどもちゃれんじ じゃんぷ (5・6歳 年長)

2024/04/15 初めての英語とのふれあいにぴったり こどもちゃれんじEnglish ぷち (1・2歳)

2024/04/11 いつの間にひらがな読めるようになったの⁉ひとりでも楽しく学べる 幼児ポピー あかどり (4・5歳 年中)

2024/04/08 実験や何かを作るのが好きな子供は喜ぶと思います 学研 たいけんポケット(年長 5・6歳向け)

幼児教育教材 おすすめランキング

こどもちゃれんじ baby (0・1歳)の口コミ・レビュー

月齢に合ったおもちゃでこっちもわくわく
息子が生後5か月ごろからこどもちゃれんじbabyを始めました。
おもちゃ選びに迷っていたのでとりあえずやってみようという感じでした。

いざ届いてみると、毎号毎号おもちゃが本当に良くて、届いてすぐはまだ早いかな?というようなおもちゃが多いですが、少し経つと毎回息子の一番のお気に入りになっています。その月齢に合ったおもちゃなので、新しくできることが増えたら、それを試せるおもちゃが丁度届くので見ているこっちもわくわくしていました。
こんなのまだできないよ〜と思っていたこともいつの間にかそのおもちゃを使いこなしてできるようになっているのでびっくりします。
安全基準もきっちり満たしてくれているので他の安いおもちゃより信用できるし、いろんな遊び方ができるから長く使えるし、コスパがとてもいいです。
また、毎月絵本も一緒に届くのですが、これも届いてすぐはなかなか最後まで見てくれないのに、いつのまにか大好きな絵本になっていて一生懸命持って来て読んで、とせがまれます。本当に毎月毎月息子にハマってくれるので親としては他におもちゃを買い与えなくてもよくなるしありがたいです。

デメリットはあまり思い浮かばないですが、強いていうならクリスマスや誕生日号が別になっていて何かとお金を取ってくることです。1年分を先払いしているので、誕生日やクリスマスも基本のセットに入れておいてほしいなと思います。
親も子も届くのが楽しみなこどもちゃれんじ
こどもちゃれんじbabyをやってよかった点は、まず毎月月齢に合わせた内容おもちゃと絵本が届くところが良かったです。
おもちゃはムラがあってあまり遊ばない物もありますが、絵本は毎回気に入っている様でよく読んでいます。こどもちゃれんじから毎月届く分、別でおもちゃや絵本を買うことが減ったし、どんな物を買えばいいのか悩まずにすむので助かっています。
アプリで動画を観れるのも良いです。
観すぎにならないように短い動画が多いし、テレビよりは学習になるかなと思えるのでよく使います。
何よりしまじろうが大好きなので、観るのが楽しそうです。
あとは、発達のポイントや、おもちゃの遊び方やアイディアなどが書かれた保護者向けの冊子があるのも嬉しいです。今の時期はどんなことをしてあげたらいいのか、どんなことに興味を持つのかを知るので参考になります。まさに悩んでいた事のアドバイスが書かれていたりして、私も毎月届くのを楽しみにしています。さすがベネッセ、子供の事も親の子ともよくわかっているなあと感じます。
ただ、入会時どの教材を選べばよくて、それがいつ届くのかが分かりずらいのが難点に感じます。
申し込みから実際にスタート(教材が届く)まで期間が開くので、入どれを申し込めばいいのか少し戸惑いました。
それ以外は満足しています。

幼児ポピー ももちゃん (2・3歳)の口コミ・レビュー

幼児ポピーももちゃんは、遊びの延長としてぜひ使ってほしい教材です。
自宅で遊ぶおもちゃに娘(3歳)が飽きてしまうことや、私が疲れた時などに簡単に遊べるものがあればなぁと思っていた頃、ポピーの広告がちょうど目に止まり、これなら娘も私も楽しく遊べそう!と早速ポピーを始めました。

ポストにももちゃんが届くと、娘と一緒に「何が入ってるんだろうね〜!」と親子でわくわくしながら中身を開けたのを覚えています。

ももちゃんの本にはシールがたくさんあり、シールを貼って遊びながら学べるところが何と言っても、最大の魅力です。
年齢に合わせた目線や生活に合わせて作られているので、シールを貼った後も飽きることなく何度も繰り返し本を読んでいました。

また、ももちゃんの本と一緒に絵本も届きます。
娘は特別絵本好きという訳ではなかったんですが、ポピーの絵本には興味があるのか、ももちゃんの本で遊び終わるとよく「(ポピーの)絵本読んでー!」とせがまれました。

価格も良心的で家計の負担にならず、遊びの延長(補助)として幼児教育を考えられている方におすすめします。
コスパ良し!キャラへのこだわりがなければ超オススメ
他の教材に比べて毎月の利用料金を抑えられてオススメです。高いところだとこの年齢でも月2000円とかしますから、月980円のポピーはかなりコスパがいいと思います。
しかし、問題点がひとつありまして。登場する「ももちゃん」というキャラを全く知らない。最初は何となく食いつきが悪かったように思います。でもしばらくすると「ももちゃん」に慣れてきて子どもも楽しく取り組むようになりました。

教材のレベル的には標準に合わせていると思います。最初はいいのですが、だんだん慣れてくるとすぐに終わってしまって、一日でワークを最後まで終わらせてしまうこともありました。例えばオールカラーじゃなくてもいいのでもっとボリュームが増えたらいいなと思います。
あとは「のりやはさみ」などの道具を使った工作もできるワークもあれば尚いいのかなと思います。シールや鉛筆で書くだけだと飽きてしまうので、道具を使って何かを作るという作業を間に挟むと箸休めになっていいかなと思います。

ベビークモン (0歳向け)の口コミ・レビュー

提供された教材がたくさんありすぎる
ベビークモンは教材の種類が豊富な点は良いと思いますが、その分、費用もかかります。
色んなものが含まれているので、親目線でチェックすると飽きずにコミュニケーションが図れる印象ですが、0歳っていう我が子にとってはおんなじように感じるかは疑問が残りました。
こういったものはファーストインプレッションだと思いますが、興味を示してくれても0歳の子どもが真剣に取り組んでくれるかは定かではありません。
次第に飽きがきてしまい、親もやらなくなります。

バリュエーション豊富な教材に関しては、大げさすぎる印象でした。でも、やりとりぶっくは親子でのスキンシップができる仕様なので、1歳からでも使えると思います。教材も、1歳から使ったりしています。

親の喋りが大事になるので、教材はあまりバリエーション豊かでなくてもよかったです。子どもと一緒になって遊べる親子向けです。
絵本やおもちゃを渡して、素直に遊べるお子さんなら適しているかもしれません。
子育て初心者となるパパさん向け
0歳向けだから、バリュエーション豊富な教材が届くことにちょっと大げさすぎるかなって印象でした。

やりとりぶっくは、ちょっとした親子でのふれあい遊びができる仕様ですが、これが使えるのも1歳に近くなった月齢からです。

身の回りの単語を語ってもまだキョトンとしているのを見ると、やっぱり見るより聞くというテキストを増やしてほしいです。

でも、親子でふれあいながら「いないいないばあ」を毎日やってると、あわせて楽しんでくれるので、しっかり学んでいるのが理解できます。

なので、ゼロ歳からというなら、親が相手になる、親が語り手になる感じなので、親なしでは何も身につくことはないです。
どちらかというと、パパ向けかなって印象です。

子どもと一緒になって遊んでほしいから、今月の絵本やおもちゃを渡して、見本を見ながら手遊びしたり、歌ったりしてくれています。

なかなかパパとの時間がないですし、パパもどう接したらいいかわからないから、パパの子育てツールとしては為になりました。

Z会 幼児コース (年少)の口コミ・レビュー

難しすぎず楽しく学べる教材で良かったです
Z会は周りのママからしっかりと学べる教材だという話を聞いたので興味を持ち、うちの子も受講させてみたいと思いました。年少さんになったので、これからは少しずつしっかりと勉強をする習慣をつけることが大切だと思ったんです。

我が子がどういう反応を示すのかなとドキドキしていましたが、教材が届くと笑顔に。すぐにやってみたいと興味津々。なんとなく難しいというイメージがあったZ会の教材ですが、我が子はスムーズにあっという間にワークを終わらせる感じだったので、ちょっと拍子抜けでした。

親としてもっと難しくても良いのではないかと思ったのですが、難しかったら子供がやりませんし勉強が嫌いになる可能性もあります。だからこのぐらいで良いのかもしれないと思うようになりました。さすが年少コースで、シール貼りなどあり楽しく学習できます。

この教材は、ひらがなの読み方を重点的に学習できるということで、基礎力を養うことができて良かったです。ひらがなひょうなどの副教材が日々の勉強をサポートしてくれます。受講して良かったです。
Z会 年少コースは子供の興味をきちんと理解したうえで作っている
Z会 幼児コース の年少については、子供の興味分野がきちんと理解されている、そんな雰囲気を感じました。
だからこそ、実際に子供にやらせるにあたって、問題ないものだろうとすぐに思えたのです。

実際、私の子供の場合には想像以上に教材に食いついている状況がうかがえて、非常にワクワクしながら取り組んでいる光景がありました。
子供が興味を示すことができないと、こういったものは恐らくほとんど実にならないと思います。
でも、Z会 幼児コースに関してはそんなことはなく、自主的に学習をしている状況が確認できたので、まさに教材にもってこいだと感じられます。

この教材はきちんと子供の発育についてこだわっている様子が確認できるものの、それだけではなくて子供の興味に関してもこだわっている内容です。
したがって、無理にやらせる必要がなく、自主的な学習をうながすことができ、そこに関しては特に素晴らしいなと個人的には感じています。

ドラキッズ ClassBaby (満1歳)の口コミ・レビュー

ドラキッズClassBaby!教材や授業が我が子に良い刺激になっていると実感
姉からすすめられてドラキッズに興味を持ちました。こんなに小さいのに興味をもってくれるのかなと不安でしたが、目をキラキラさせて教材に興味を持つ我が子を見て、利用することを決めて良かったと思いましたね。オリジナルの教材がとても充実しています。

ドラキッズClassBabyの授業を受けることで、子供は1歳になると自我が芽生えて色々な事を吸収するということがわかりました。親子で参加をするのはとても楽しいですし、色々な体験が子供にすごく良い影響を与えることができていると実感。

私一人ではこんな風に子供に色々な事を教えることはできないなぁと思いました。
子供はドラキッズの授業を受けることで、社会性や表現力をどんどん身につけていっていると思いましたね。

とても楽しそうに運動をしたりリズムに合わせて動いたりする姿を見て、ドラキッズっていいなと思いました。
親も楽しく子育てする方法を身につけることができるので、とても勉強になりますしありがたいと思いました。
興味を示してくれたのが嬉しかった
教材は、やっぱりドラえもんのイラストが挿入されていました。
ことば・かず・かたちに触れながら、身近なものへの関心を育むっていう教材だったのですが、もう少し、単語が分かりやすいものだったら嬉しいです。

時折、これは1歳の子が知らないだろうっていう単語が出てくるので、そこは改良してほしいです。

例えば、机は分かるけど、引き出しを開けてみようみたいなことだったり、ボールなら分かるけど、サッカーボールって言葉はまだ早いかなって印象です。
かかし、糸電話などもそうです。

親子遊びっていう延長線上に「覚える」っていう暗記力に繋がるヒントがあるので、遊ぶ時間が作れるときに利用していました。

ドラえもんや他のキャラクターなどのイラストの吹き出しについては、為になるポイントなどが書かれていて、親も勉強になりました。

また、周りに興味を持ち始める1歳だけど、うちの子は人より遅れてるって不安でしたが、葉っぱを見てみようみたいに、観察させたりするテキストもあって、色んな興味を深めてくれて助かる教材もありましたから、利用して良かったです。