幼児教育教材の比較・口コミランキング

top image

幼児教育教材 おすすめランキング

こどもちゃれんじ baby (0・1歳)の口コミ・レビュー

妊娠中から「たまごクラブ」の雑誌を購入していて、アプリもダウンロードしていたので、出産後に「こどもチャレンジ」のDMが届きました。
中には、お試しDVDなどが入っていて、毎月、月齢に合わせた知育玩具が届くので、何を買っていいか分からなかった私は、早速入会しました。
月額も1,650円とお安く、始めやすかったです。

一番初めはプレイマットが届きました。
生後6ヶ月になり、周りの物に興味津々だった我が子は夢中で遊んでいました。
また、DVDは歯磨きし仕方などが映像で入って届くので、こどもが楽しく学べて良かったです。
絵本も届き、しまじろうのキャラクターが大好きになった我が子に、何回も読んであげました。

ただ、毎月おもちゃが増えるので、スペース確保が大切です。
大人向けの読み物も入っていて、その月齢時期にあったアドバイスや同じママたちの悩みなどが書かれていて、悩んでいるのが自分だけではないと思うと心強い気持ちになりました。

はじめてのお子さんで、何を買ったらいいか迷っているママにオススメの教材です。
17 人の方が役に立ったと言っています。
こどもチャレンジに入会したのは、初めての育児だったので、どんなおもちゃを買えば良いのか迷ったからです。
周りに聞けば、おもちゃは直ぐに飽きるからあまり買わない方がいいという意見が多く、買うのは勿体無いなぁと感じました。

また、どんなおもちゃが知育になるのかもよく分からなかったのも理由の一つです。
そんな時、仲の良い友人がこどもチャレンジに入会していることを知りました。月額も安いし勉強にもなるし、こどもも楽しんでいるとのことでお勧めされました。
どうせおもちゃを捨てることになるなら・・・と入会を決めました。

はじめに届いたのはしまじろうというキャラクターの人形とDVD、そして絵本でした。
0歳〜1歳を過ぎるまでは、音やものの動きを楽しむ年齢とのことで、絵本にもたくさん音が出る仕掛けがしてありました。
その時まだ8ヶ月だった我が子に見せると、びっくりするくらい興味津々でした。
しまじろうの人形をニコニコしながら眺めて、音の出る絵本を楽しんでいました。

毎月新しい教材が届きますが、嬉しいのはそのどれも食いつきがすごいということです。
しまじろうの踊りを真似たり、成長にもすごく貢献してくれています。
現在、こどもチャレンジを続けて3年ですが、ときには昔のDVDを見たりして喜んでいます。
20 人の方が役に立ったと言っています。

幼児ポピー ポピっこ ももちゃん (2・3歳)の口コミ・レビュー

下の娘が2歳になったと同時にポピっこももちゃんを始めてみました。
月額のお手頃さと、ここからいろいろなものに興味をもてたらと言う思いで始めたのですが、やってみた感想は正直言ってわざわざ教材を買わなくても何とかなりそうだなと言うものでした。
まず、思っていたよりも内容が少ない感じでした。

赤ちゃん向けなので、絵本を基本として日常の会話やマナー、ルールなどを学んでいくスタイルだったのですが、正直家にある絵本でも同じことが出来ますし、毎月のボリュームもいろいろ詰め込み過ぎて一ページの内容が思っていたよりも少なく感じてしまいました。

けれど、娘は可愛いイラストや絵本の仕掛けなどが気に入ったようだったので、子供の興味を引くという点ではいいものなのではないかと思いますし、親にとってはちょっと物足りないように感じる内容でも子供には十分なのかなとも思います。

良かった点は、毎月一冊絵本がついてくるところです。
ミニ絵本ですが、持ち運びにも便利なサイズですししっかりした作りなので、お得だと思いました。
多分我が家は上の子もいてすでに似たような教材のお下がりが家にあったから今回のように感じてしまった点もあると思いますが、一人目の子で絵本選びやルールを学ばせる方法に悩んでいるママには毎月一冊絵本も付いてくるポピっこは、ファースト教材としてとてもいいのではと思います。
8 人の方が役に立ったと言っています。
この教材を娘に使ってあげると3歳の娘はとても喜びました。
具体的にどう喜んだかというと、「ももちゃんとオードリーが可愛い」「数を数えるのが面白い」「絵がきれいで見やすい」と言ってくれました。

娘の友達の家に遊びに連れて行っても娘は夢中になってこの教材を読むほどに気に入っており、友達にもこの教材を読ませてあげていました。
家で過ごしている時にはぬいぐるみを相手に読み聞かせをするなど、娘なりの楽しみ方をすることもあります。
夕食が終わると決まって娘はこの教材を読み、我が家ではそれがお馴染みの光景となっています。
もう買って半年になるのに、娘は毎日のように飽きずに読んでいます。

父親の私としても、特段に教育的に悪い内容もなく、ストーリーもきちんと子供向けであるこの教材を高く評価しています。
ポピーの教材はどれも高品質であり、子供に使っても失敗がありません。
本当にこれを娘に買ってあげて良かったと心から思い、メーカーには感謝しています。
9 人の方が役に立ったと言っています。

ベビークモン (0歳向け)の口コミ・レビュー

自分自身はあまり0歳から教育しなくてもいいのではないかと感じていたのですが、嫁は「ちゃんと0歳から教育していく方が良い」ということだったので、ベビークモンに通わせることになりました。

ベビークモンは、入会費もかからず、月額2160円で学ぶことができますし、通学するのではなく、自宅で学ぶことができるので、「それならいいかな」と感じました。
先生が自宅まで来てくれるのですが、自分自身も一緒に何回か受講させてもらいました。

感じたことは「母親の悩み相談、ストレス発散」な感じがしました。
先生と嫁の二人で、日頃の子供の悩みやストレスを言い合って共感し合っており、子供はDVDやおもちゃに夢中になっています。

最初は「それが教育なのか」と思ってしまいますが、それも子供にとっては「いい体験なのかも」と感じるようになりました。
理由としては「絵本の読み聞かせ」や「子供の楽しませ方」などを親が参考にして、親子二人だけになった時にちゃんと同じようにできるようになったからです。

なので、ベビークモンは子供の教育というよりは「親の教育」の方に重点を置いているような感じがしました。
ベイビークモンを始めて9ヶ月ほどになりますが、ベイビークモンは全部で12回コースなので、後半戦に入ってきています。利用してみた感想としては、まず「毎回バリエーション豊富な教材がついてくる」のが気にいっています。

中でもメインの位置づけにある「やりとりブック」は特にお気に入りです。子供とのちょっとした触れあい遊びや身の回りの単語を教えるのにちょうど良い冊子になっています。やりとりブックのおかげで、一人で「いないいないばあ」ができるようになったり、頭の場所を聞くと「頭をポンポン」したりして、子供らしい可愛い動作が見れて、こちら側も癒やされながら学んでいくことができます。

次に気に入っているのが「うたブック」です。ベイビークモンではうたブックを3回に1回の割合で、童謡の本がついてくきます。1冊につき「10曲」程度の童謡の歌詞が収録されており、うちの1曲は英語の曲になっています。CDについていふQRコードを読み込めば、スマホでも聞けるようになっているので、なにかの待ち時間などスマホで童謡で聞かしたりしています。

ベイビークモンは、子供と親が一緒になって楽しむことができるように工夫されており、子供も親もとても気に入って毎日行うようにしています。

Z会 幼児コース (年少)の口コミ・レビュー

かんがえるちからワークは、問題が色々あって子供でも理解しやすく、難易度もちょうど幼児のレベルにあっていて良いです。

他の教材と比べるとシンプルではありつつも、内容がひらがなから社会のルールなど、バリエーションが豊富でバランスが良いと言えます。

さらに、子供の心理や発育についてよく考えられているのが伝わってきます。
それは、子供がそばで見てみると楽しそうに取り組んでいるからです。

それに届いた教材を夢中でやっていて、やる前よりも言葉や物事に対する好奇心が増えていきました。

さらにペアゼットiという情報誌では、体験課題もあって親子でコミュニケーションを取れ楽しく学ぶことができました。
ハサミで切って一緒に作ったりしたのは子供も喜び楽しかったです。

そして毎月届く小さな絵本も面白く、子供に質問しながら読んでいくので、子供も面白いらしく気に入って何度も読んでいます。
子供の学力だけではなく、好奇心や生活していく力も育てくれる教材でとても良いです。

そして子供がだんだんと、年齢の割には論理的に考える力があると感じています。
いくつかある幼児通信教材。年少コースはひらがな読みをマスターすることが目標となっていることが多い。大手の通信教材も電子おもちゃがついてきて人気だ。
だが、我が家の子供は入園時にはひらがな読みはできていたし、他に届く予定の教材も似たようなものをもっていたため、他社で検討。
その結果、口コミがよさそうなZ会幼児コースを受講してみた。

年少コースを1年使用した感想だ。まずワーク。こちらは簡単そうにすいすいとこなし、1、2日で終えることがほとんど。
難しい問題があるというより、簡単な問題でも解けて自信がついたり、勉強する習慣をつけることが目標なのかなと思う。

そしてZ会幼児コースのメイン、ぺあぜっと。こちらは本当によく出来ている。
1つ1つのテーマはとても身近なことだったり、材料を準備する手間がある。本を借りてきたりネットで調べたりすればある程度見つかりそうなテーマだが、年少児を対象としたものばかり見つけるのは難しい。それが1冊にまとまっていて、こどもはこれもやりたい!あれもありたい!と夢中になる。
しっかり子供と向き合って、会話して試行錯誤しながら実験をしたり。ただ知識を詰め込むのではなく、自分で考えて挑戦、失敗を繰り返す。信頼している親と一緒にするのだから塾などとは違って遠慮なく思いっきりできる。

人見知りの我が子はほかの子や先生がいると発言出来なかったり、最後まで順番を待っているタイプなので、自宅でたくさんの経験ができるのはとても良いと思った。
大きくなってからも、小さい頃親と思いっきり遊んだり何か目標に向かって一緒に取り組んだりした思い出というのはかけがえのないものだと思う。

ここまでは良い面を紹介してきたが、ここからは気になる点だ。
まず料金が他社と比べて高い。今すぐ身につく知識ではなく、体験することにお金を払うわけで、そこをしっかり理解している方でないと納得できない金額かもしれない。

2点目が、親がしっかり向き合う時間を確保できるかということだ。
親が見ていなくても自動で丸付けしてくれるタブレット教材もある中、Z会はその正反対である。
親が関わり、一緒に体験することを目的としている。

仕事をしていたり、下の子がまだ小さかったりするとなかなか時間をとれず、挫折したという口コミも多い。
だが、中学受験、有名大学受験にも強いあの有名なZ会が出している教材なのだからやはり納得できる。
土日はぺあぜっとと習慣がつけば、だらだらテレビを見せたりゲームをする休日よりも、濃い親子時間を過ごせるようになるのではないか。
9 人の方が役に立ったと言っています。

ドラキッズ ClassBaby (満1歳)の口コミ・レビュー

私の子供が少しずつ言葉を覚え始め、様々なことに興味を持ち始めてきました。このタイミングで少しでも色々なことを学んでもらいたいと思いこの「ドラキッズ ClassBaby」で学ばせてみることにしました。

初めは他の同年代の子供たちと馴れ合うことができるかどうか、また担当してくれる先生とフィーリングが合うかどうかと言うことが不安ではありましたがそのような不安はなく、とても楽しそうにはしゃいでいたり遊んでいる我が子を見てとても嬉しい気持ちを覚えることができたと思ったのです。

これまでに親として自分の子供に様々な形で接してきたとは思っていましたがドラキッズClassBabyを利用することによって、より自分の子供とどのように接していけば良いのかと言うこと、またどのように接していけば我が子が喜ぶのかと言うことを実感することができました。

特に自分の子供が生まれたてで自分の子が喜ぶような接し方ができていないと思っている方がいらっしゃれば、絶対に利用すべきであると思います。
娘がドラえもんが好きなので、これは喜ぶのではないかと思いやってみることにしました。
インターネットで見た口コミや評判が良かったこともこの教材を選んだ一因ですが値段も安くて家計の負担にならずに済むところも良かったです。

これまでもらい物の幼児期教材を見せたたこともありましたが、そういった場合あまり興味を示さず手に取ることもなかったので少々心配していました。
しかしこれは大好きなドラえもんだったせいか、とても食いつきがよくて初めてみた時から気にいったようです。

まだはっきりと言葉を発することはできませんが、クラスでの娘の様子を見ていると気に入っていることはわかります。
今までとは違う同年代のお友達や先生と共に同じ空間を過ごすことで、これまで得られなかった刺激を得られているのではないかと思います。

クラスの雰囲気がよく、少人数制なので安心して通うことができます。マンネリ化していた親子での遊びから脱却して、世界が広がったように感じました。
9 人の方が役に立ったと言っています。