幼児教材本舗のホーム > 【2024年最新】5歳児(年長)向け、幼児教育教材おすすめ比較ランキング

【2024年最新】5歳児(年長)向け、幼児教育教材おすすめ比較ランキング

年長5歳児向け人気の幼児教材ランキングです。教材の充実度や、価格面、レビューの内容などを総合的に判断した上でのランキングです。ポピっこあおどりや、こどもちゃれんじじゃんぷ 、人気の5歳児向け教材がランクイン。

【各年齢別のランキングはこちら】
0歳児向け、幼児教育教材おすすめランキング
1歳児向け、幼児教育教材おすすめランキング
2歳児向け、幼児教育教材おすすめランキング
3歳児(年少)向け、幼児教育教材おすすめランキング
4歳児(年中)向け、幼児教育教材おすすめランキング
5歳児(年長)向け、幼児教育教材おすすめランキング
幼児向け人気の英語教材おすすめランキング

こどもちゃれんじ じゃんぷ (5・6歳 年長)の口コミ・レビュー
4.0 点
テレビで見たしまじろうが大好きで、ちょうど入学前で幼児教材を探していたこともあり、こどもちゃれんじを選びました。

一年生の予習をさせたいと思っていましたが、読み書きだけでなく、好奇心や探究心を育てるような内容にワクワクしたようです。
特に、植物を直接育てたり、自分の指で触って操作する機器などは「やる気」の源になったように思います。

また、今読書が好きで時間を惜しんで本に向かっているのも、このこどもちゃれんじで「読むこと」の訓練が自然にできたからではないかと思っています。

親が読み聞かせするのは常日頃方心がけてはいたので ...続きを見る
イモネコさんの画像
4.0 点
こどもちゃれんじのほっぷ、すてっぷ、じゃんぷと継続しています。
内容としては付録が多く特にほっぷとすてっぷは子供の興味をそそるものが多くあります。しかしながら、じゃんぷになると今までの付録になれてきたせいか、あまり食い付きが良くなくすぐに飽きてしまうことが多いです。

ほっぷとすてっぷはゲーム感覚ですが、じゃんぷになると書き取りなど急に勉強色が強くなるのが原因かもしれません。
キッズワークという問題の小冊子や本は、しまじろうが出てきて話が進むため、ほっぷとすてっぷ、じゃんぷとイメージがわきやすいのか、内容の理解度は比較的高めでした。
...続きを見る
とりまやまさんの画像
3.0 点
年少の時からこどもちゃれんじをしていました。付録はとても気に入っていて、時計や平仮名など付録のおもちゃを使って覚えたりしていて、とても良かったと感じました。
現在娘は小学2年生ですが、今でもこどもちゃれんじのおもちゃは気に入っていて、プログラミングや昆虫の鳴き声を当てるゲーム、文字や線をなぞるゲームなど、まだまだ遊んでいる物もあります。
 
しかし、それ程楽しんでいたこどもちゃれんじですが、年長の途中で止めてしまいました。
その時の記憶が教材名まで詳しく覚えていないのですが、途中から難易度が選べるようになり、おもちゃと簡単な問題集と本の組み合わせと、おも ...続きを見る
かけたすさんの画像
5.0 点
現在、年長児の娘が「こどもちゃれんじ じゃんぷタッチ」を受講中です。じゃんぷタッチは、専用のタブレットで学習を進めるスタイルとなっています。

タブレットは、毎月25日に翌月分のワークがダウンロードされます。毎日「今日の3レッスン」として、おすすめのレッスンが3つピックアップされるため、子どもが「どれやったらいの?」などと迷うことなくレッスンを進められます。

また、ひらがな、数量、アート、科学など、様々な領域の学習ができるのも魅力です。
学び方も、動画教材を視聴したり、デジタルワークに取り組んだり、紙のワークも届いたりと、偏りなくすることがで ...続きを見る
jasminさんの画像
5.0 点
こどもちゃれんじじゃんぷは、小学生になる前にしっかりと学びたいことを、楽しく学ぶことができる良い教材でした。
ちゃれんじの教材はカラフルで可愛いキャラクターがいたりなど、子供が興味を持って目をキラキラさせて学ぶことができるので、親の私もすごく好きです。

小学校から本格的に勉強が始まる前に、国語や算数の基礎を学ぶことができますし、考える力が身についたなぁと感じました。
年長さんになってからは、ちゃれんじのおかげで色々な事をしっかりと考えて答えを出せるようになったと思います。

また、こどもちゃれんじじゃんぷを受講することで、小学生にな ...続きを見る
さわママさんの画像
Z会 幼児コース (年長)の口コミ・レビュー
4.0 点
小学校に入学するにあたって、第一子で3月末生まれということもあり学校についていけるか不安があったため、自宅でできる通信教育の検討を始めました。

ベビークモンやドラキッズなどもありましたが、口コミ評価が高く確実に勉強の力が養われるz会に入会を決めました。

始める前までは白黒でテキストで難しそうなイメージがありましたが、実際は重要だったり注目してほしい箇所はカラーだったり適宜イラストもあって、幼稚園生でも取り組みやすいと感じました。

親向けのサポートブックも充実していて、着目するポイントや教え方が詳しく書かれているので初めての通信教 ...続きを見る
かなさんの画像
4.0 点
色々な幼児向けの教材はありますが、利用している年長向けのZ会幼児コースは小学生になる準備としてしっかりと学ぶことができそる教材だと感じています。
毎月4種類の教材が届くのですが、量も質も我が子にとってちょうど良いものだと実感しています。
子供が楽しそうに毎月取り組んでいますし、難しすぎずわかりやすいなと親としては感じています。

初めは子供が興味を持たない、積極的に学ぼうとしないならすぐにやめようと思っていましたが、教材に対して主体的に取り組む姿を見てこの教材は我が子にあっているから続けてみようという気持ちになっています。
自分から興味を持って ...続きを見る
すーママさんの画像
5.0 点
母親である私が、長くお世話になっていたのがZ会の通信講座でした。
途中お休みした時期もありましたが、幼少の頃から高校生まで、様々な世代に利用していました。

正直自分の幼少の頃の細かいことはよく覚えていないのですが、中高時代にはわかりやすい解説と、きめ細かい添削指導をしてもらっていたのを覚えていて、自分の子供にも受けさせてみようと思い、幼児コースの資料を取り寄せて見ました。

子供に勉強はまだ早いかも?と思いつつも、内容を見てみると、知育を実によく研究されている内容で、子供に渡すととても楽しくすいすいと進めていました。

他 ...続きを見る
あーママさんの画像
5.0 点
Z会の幼児コース(年長)の教材が届くと、子供が「やる!」と言ってすぐにワークに取り組みだします。お友達がこの教材をしていることを知り、自分もしてみたいというので受講することにしました。

幼児教材のなかではしっかりと勉強できるタイプなので、うちの子には難しいかもしれない、途中で投げ出して見なくなってしまうかもしれないと不安でしたが、お友達も頑張っているから自分も頑張りたいと言い、もうすぐ小学生になるからきちんとすると言うので、驚きましたね。

親子で取り組む体験型の教材があるので、子供とコミュニケーションを取ることができて楽しいですし、子供の成長ややる気 ...続きを見る
あこさんの画像
5.0 点
他社の教材とは違い、ひらがなや数字だけではなく、自然を感じ取ったり体験したりと、親子で進めていく感じの教材です。
決して大変ではないのですが、子どもに「とりあえずやっておいて」という教材ではありません。
でも、これをきちんと進めたら、感受性の豊かな、それでいて国語算数もできるような子になるだろうなあと思いました。

私も結構めんどうくさがりなのですが、外に散歩に行ったときにこの教材を持っていって、草花を見たり、雲をみたり、虫を見たりしました。
子どもはもう小学3年生ですが、理科の教科書にある写真を見つけて「ママと一緒に見たね」と話してくれること ...続きを見る
りなママさんの画像
幼児ポピー あおどり (5・6歳 年長)の口コミ・レビュー
4.0 点
まだ幼稚園なので、塾とまではいかなくても、何か家で勉強できるものがあるといいなと常々思っていました。

私の姉の家ではポピっこをやっていて、いいよという話を聞いたので、我が家でもやってみることにしました。1ヶ月1000円ぐらいなので、それほど家計の負担になることもなく、これで勉強する癖がついたらいいなと思いました。

こちらの教材は毎月付録のようなものはなく、ドリルなどで勉強していくものです。ドリルも色鮮やかで、子供の興味がわくようにつくられています。

我が家で一番人気なのは特別教材です。これは1年間に数回届くの付録です。 ...続きを見る
アリシアさんの画像
4 人の方が役に立ったと言っています。
3.0 点
幼児ポピー「あおどり」(5・6歳)の魅力は、なんといってもその安さにあります。
年間受講して12,000円から13,000円くらいです。

特別教材は年に4回のみで、基本的にドリルをしていく形になります。公立小学校に入るまでにやっておくといいと思われる基本的なことを、ドリル形式で予習できる家庭学習教材です。
特別に子どもの考える能力をのばすなどの先取りの教材ではなく、運筆や数の大きさ、ひらがなやカタカナの練習、計算の基礎といったことを学びます。本当に基本的なことなので、物足りないと思われるお母さんも多いかもしれません。
逆に、ふろくなどは要らな ...続きを見る
右京さんの画像
6 人の方が役に立ったと言っています。
5.0 点
入学すると国語や算数を学ぶことになると思うのですが、あおどりで文字や言葉、数などを丁寧に学ぶことができたおかげで小学生になっても楽しく通うことができています。自信をもって小学生になった感じで、親としてもあおどりで学ばせたことは子供にとって良かったなと実感しています。

有名な教材だからという理由で受講しましたが、子供はずっと楽しく幼児ポピーで勉強していました。文字や数だけではなくて、生活科や社会、理科などにつながる内容も学ぶことができたのは良かったなと思います。イラストも写真もすごく子供の興味を引くような楽しい教材だったと思います。

小学校前の子供が勉 ...続きを見る
むらさんさんの画像
4.0 点
小学校入学前の年長時期、幼児ポピーポピっこ あおどり受講していますが、「もじ・かず・ことば」のドリルが付いています。
シール付きですし、迷路などもあるので小学校入学前にお勉強という感覚ではなく、楽しく学習できるので活用しやすいです。

6つのコーナーが用意されているので、思考力を伸ばすような内容になっているし、スマートフォンやパソコンでゲームができますが、これは頭を鍛えるちえあそびのゲームあので子供も楽しみながら学習することができます。

そして、運動あそびや実験の動画、お話の読み聞かせの視聴がアップされているので、ポピーはリーズナブルなわりに ...続きを見る
ピーコさんの画像
4.0 点
長女が年長に上がる時に、ポピーに入会し、ポピっこあおどりを始めました。きっかけは生協のチラシで見かけた事ですが、私自身も小学生の頃にポピーで勉強していて、主人もやっていたと言うので迷いなく始めました。

入会の狙いとしては、家庭学習の習慣付けができることが一番です。
周囲では幼児教育に通っている子が半数以上いたので、小学校入学前に遅れを取りたくないという気持ちもありました。
しかし、私自身は一度も塾に通わずに国立の志望大学へ入ったという経験から、家庭外に頼るのではなく、家で、自分で勉強する力を付けさせたいと考えていました。

また、自 ...続きを見る
みはさんの画像
6 人の方が役に立ったと言っています。
RISU きっず(年中~年長向け)の口コミ・レビュー
5.0 点
RISUは、東京大学出身者が中心になって作られた幼児向けの学習教材であると聞き実は以前から気になっていました。
しかしどうせ高額で手が出せるものではないに違いないと思い、一切の情報を集めずにいたのです。

そんな時に偶然、お試し体験ができるという話を聞いたのでこんなにいい話に乗らない手はないと思い体験学習をすることにしました。

RISUは基礎に重点を置いた作りになっていて、算数の基本を学べるようになっていました。
私自身、学生時代は数学が苦手で苦労をしたので子供には同じような来苦しい思いをしてほしくないという思いが強くあったためこれ ...続きを見る
栗鼠さんの画像
9 人の方が役に立ったと言っています。
5.0 点
RISUきっずは子供向けの中ではちょっとずつステップアップしていくのかなという感じで作られているものです。
最初の段階は、普通の教材で出てくるような子供でも分かるような感じでできているのですが、それがクリアできると割と考えさせられるような形で問題を出してくるという風に変化していきます。
基本的には、まるでゲームをしているような感覚で学習ができるという感じがして、子供心にも刺激があっていいでしょう。

ここ最近の子供の様子を見ているのですが、最近はしっかりと考える問題にチャレンジをしたがっている感じです。やや頑張って考えているような感じもあり、子供が意欲的 ...続きを見る
ほんおさんの画像
3.0 点
パパが娘に数学的に物事を考えて欲しい、勉強に苦労しないようにと、年中時代からrisuキッズを使用しております。

私的にはまず最初の印象が最悪です。違った教材が届いたのに、向こうのミスなのに対応が色々なところに回された上に、謝罪の言葉もあったか?なかったか?の状態です。

内容のタブレットも大学生がチューターなので、数学に馴染みやすく、楽しくという気持ちに子どのはなるのかもしれませんが、私はあまり効果を感じられず、共感を得られずにはいます。

値段は他の教材に比べたら格安なのかもしれませんが、私にはよく解りません。1度始めたら、やめに ...続きを見る
miniさんの画像
4.0 点
学習に必要なタブレットはセットになっていて、意外な事に利用料は無料でした。壊した場合は修理代を払うみたいですが、合皮の手帳型のケースも付いていましたしそうそう壊れる事はなさそうです。

料金は年額約3万円を一括払いでした。ちょっと高いかなとも思いましたがタブレットの使用料も入っていると思えばそんなものなのかも知れません。

問題の難易度ですが、非常に簡単な問題(数を数える)から始まりますので5歳の我が子は最初の方は余裕で解いていました。ですので、4歳くらいから始めても無駄になる事はないと思います。
ただし、足し算や引き算もあるので途中からは4歳 ...続きを見る
イモコさんの画像
幼児のくもん (年長向け)の口コミ・レビュー
5.0 点
小学一年生から公文式の国語と算数を始めました。国語はめいろや線引きといった簡単なところから始めました。幼児や1年生はまずは手の使い方がうまくなるような教材からスタートになると思います。遊びのような感覚でどんどん出来るので楽しんでやっていました。教材が進むにつれて色んなお話が出てきて、本が好きな子には良いと思います。ただ、何度も同じ単元を繰り返すので、そのうちに答えを覚えてしまいます。教室では先生に採点をしてもらえるので、記述問題にも取り組めるようになります。
算数はとにかく同じ問題を繰り返しながら少しずつ先に進んでいくので、コツコツとやれる子には向いていると思いますが、合う合わないは ...続きを見る
あらゆきさんの画像
4.0 点
公文の幼児向け教材は繰り返し学習が基本で、同じレベルの教材を何度も繰り返して、できるようになったら次のレベルの教材へ進む方式です。
教室へ通うのは週に2回ですが、教室によっては、幼児向けにインプットタイムといって、フラッシュカードを使った特別な授業が設定されているので、幼稚園などで各教室の口コミをしっかり確認されるのをオススメします。

インプットタイムは先生の好意で設けられているので、していない教室もあります。この時間のおかげで、親でもあまり聞かないような難しいことわざや、四文字熟語、国旗や九九などさまざまなことをインプットして頂けました。
...続きを見る
まいまいさんの画像
4.0 点
幼児教育で必要なことは、まず勉強することを当たり前にすることだと思います。毎日10分でいいから机に向かって集中するという習慣づけはなかなか大きくなってからだと難しいからです。そういう面では、くもん教室へ通うことは大変役に立ちました。

もともとそんなに勉強が好きというタイプではなかった息子ですが、物心ついた時から「机に向かってくもんの宿題をする、くもんに通う」ということを慣れさせました。
そのため、言われなくても今でも決められたものもしくは自分でやると決めたものは進んで行っています。

ただ、くもんの通塾に関しては先生との相性も大きいです。 ...続きを見る
コッシーさんの画像
3 人の方が役に立ったと言っています。
3.0 点
今大学生の娘は、幼稚園の3年間公文教室に通っていました。学力向上面は結論から言うとやってよかったと思います。

娘は国語と算数をしていましたが、最終的には国語は5学年先、算数は4学年先の先取り学習でした。事情があり小学生では続けることが出来なかったのですが、小学校へ上がってしばらくは学力の貯金があったのでなんなくクリアしていました。流石に6年生くらいになってくると、大変なこともありましたし、公文でしていない分野は難しいみたいでしたが。

次に大変な面です。公文のやり方は、キチンとやり方が系統立った成立したやり方です。国語は、文法です。園児は園児です。4歳 ...続きを見る
ままさんさんの画像
5.0 点
現在小学1年生の娘がいますが、以前年長だったときに幼児向けのくもんに通わせていました。
幼児向けのくもんでは算数と国語について学習していましたが、教室では小学生になったときに良いスタートダッシュがきれるようにと算数の計算と国語の読み書きを一から指導して頂けたのが印象に残っています。

おかげで現在娘は算数と国語は大の得意科目になっています。
しかもくもんに習い始めたばかりの頃の娘は算数は手を使って計算していましたが、今では頭の中でスラスラと計算ができるようになっています。
学校の先生にも計算が早いことを褒められるので、今でも勉強が楽しいようです ...続きを見る
フクオさんの画像
10 人の方が役に立ったと言っています。
こどもちゃれんじ じゃんぷ 【思考力特化】(5・6歳 年長向け)の口コミ・レビュー
5.0 点
こどもちゃれんじの思考力特化コースは年中・年長と使用していましたが、とても優れた教材だと思います。
おもちゃ系は、メインのもの1つのみが届けられ、他はワークと紙で作られた考える遊びキットがついてきます。紙で作られた考える遊びキットは本当によく出来ています。親と子どもが一緒になって遊び学ぶことができます。
考える遊びキットはワークと連動しており、ワークだけで取り組むよりも、先にキットでゲームを行ってから解く方がイメージがわきやすいようです。紙で出来ているので、かさばらずに捨てやすさもあります。
また、思考力特化コースは2冊ワークがついてきます。通常のコースだと1冊の ...続きを見る
ちゃいさんの画像
すまいるぜみ 年長コースの口コミ・レビュー
5.0 点
もともとほとんど勉強に興味がなく、家で遊ぶより外で遊ぶ方が好きな子でした。そろそろ机に向かって座ったり、勉強するような環境を用意した方が良いのかと思い、紙媒体のワークなどを用意したのですが、結局興味が持てず長続きしませんでした。そんな時にお友達がタブレットで勉強しているという話を聞き、本人もやってみたいと言ったので始めたのがスマイルゼミでした。

自分専用のタブレットを持てたことが嬉しいようで、すぐに使い方を覚えることができました。
今までは紙媒体だったので一人で取り組むことは難しく、いちいち親が文字を読んであげたり、ヒントを教えたりする必要があったのですが、スマ ...続きを見る
みーたんさんの画像
5.0 点
スマイルゼミの良いところは子供が1人でも自分のペースで楽しく勉強することができるというところです。タブレットが1つあれば他に必要なものは入りません。国語や算数など、いろいろな教科を学ぶことができて、面白いのは自分の理解している速度と合わせて学習できるので、学校などでみんなのレベルに合わせて学習するよりもかなりパーソナライズされて勉強することができます。
しかも学年を飛び越えて学習することもできます。強化によっては自分の得意な教科や、苦手な教科があり、得意な教科に関しては理解度が早く進む可能性もありますし、苦手な教科はでかいのが遅くなったりするので、教科によって勉強のスピードが変わって ...続きを見る
いいおさんの画像
ドラキッズ Class5 (5・6歳)の口コミ・レビュー
4.0 点
自分の住んでいるところから、立地条件も良く、料金もお手頃そうだったので、子供が気に入れば通わせようと思い、まず無料体験に行きました。ドラキッズは「母子分離」だそうで、「子供一人で授業を受けることができるのか」心配だったので、母子分離は断らさせてもらいました。

一緒に授業受けてみた感想としては、やってる内容が「料金相応だな」と感じました。他の幼児教育に通わせていたこともあったので、そこと比べても「内容も薄く、料金相応な授業」な感じがしました。

特に気になったのが、「DVDのたれ流し」です。DVDの流れる映像を見ていたり、歌ったりするのですが、先生が教え ...続きを見る
なんでんかんでんさんの画像
4.0 点
自分の子供は6歳の女子ですが、ドラえもんが好きで、アニメやマンガをよく観ているため、小学校へ入学する前に「何か夢中になれる教材はないか」と探しているところ、「ドラキッズ」に出会いました。

子供の好きなドラえもんなら、頑張って勉強してくれるのではないかと期待して入会しました。ドラキッズを利用して良かった点としては、自然と学習教材に触れていける学習内容になっているところです。好きなものに勉強を組み合わせる形をとっているので、非常に吸収力が高いなと感じました。

ドラキッズの中でも「ドラキッズメゾット」が子供がお気に入りです。「できた」や「分かった」を言う体 ...続きを見る
アルルさんの画像
5.0 点
知育という要素からすれば、本教材は遊びながら学んでいくというプロセスが上手に構成されています。
幼児用は絵が多いというのが我々の時代の特徴でありましたが、現在は数字やひらがなを早い時期から学習し、小学校入学へスムーズに対応できるよう配慮されております。

ドラえもんの親しみやすいキャラクターから感受性を思う存分受け取りながら、学習を進めていくことが可能であり、次の教材がほしいという内容が子どもの方から出た行動は、改めて教材が素晴らしいことを示唆しています。

幼児用教材は子育てを行っていくという上では、大人も一読しておくべき内容が網羅されていま ...続きを見る
ブラフォーさんの画像
10 人の方が役に立ったと言っています。
5.0 点
出来たと感じられる体験を提供してくれる場のようです。
通う前こそ、どうせやることなら小学校入る前からスタートしておいたほうがいいかなという想いだったのが、楽しい&もっとやりたいというものに変化していきました。

教材はわりとイラスト多めで、お勉強が初めての子、苦手意識のある子でも取り組みやすい感じです。
内容も、小学校でそのまま使う算数の計算や、授業にすんなり入れるような前準備的なものでした。
幼児教室の小学校準備要素が強く、先生の教育も幼稚園や学校みたいにあたたかくて安心です。

しかし勉強だけを取ってしまえば、お受験や本 ...続きを見る
やよいさんの画像
3.0 点
子供の補助学習に活用できればと思い、利用してみました。
最初はドラえもんのキャラにひかれて興味を持っていたようでしたが、
実際の中身は文字や学習教材であることに途中で気が付いたらしく、すぐに飽きてしまいました。
子供は既にゲーム機やYouTubeやスマホゲームなども利用しており、学習教材としては刺激の少なかったようです。
身近なところにスマホを含む電子機器がある環境の今の子供たちは、まさにデジタルネイティブと言えると思います。
そのため、従来のような紙ベースの教材(これは通信教育でも、教室での指導でも)に違和感を覚えるのではないでしょうか。 ...続きを見る
たぱたぱさんの画像