幼児教材本舗のホーム > ベビークモン (0歳向け)の口コミ・評判 - 実際に使ってみた感想と本音

ベビークモン (0歳向け)の口コミ・評判 - 実際に使ってみた感想と本音

4.6(20件)

ベビークモン (0歳向け)の口コミ

5.0 点

0歳向けベビークモンを使用したら子供の表情が豊かになって親としても楽しい毎日です

ママ友から幼児教育教材はベビークモンがオススメだと言われたので、0歳からベビークモンを始めることにしました。クモンはとても有名で大手なので安心感があります。なんだか効果がありそうだなと期待して始めることにしました。

0歳の我が子にどんな教材が良いかなんてわからないので、こういう教材があると本当に助かります。入会金や教材費は不要で、月額が2200円というのはすごく安いなと感じました。これで我が子の成長にあった教育を受けさせることができるならコスパが良いと思いましたね。

クモンの先生から子供への接し方、子供の興味をしっかりと引き出す教材の使用方法を教えて頂きました。絵本やカード、CDなどを前にして子供が刺激を受けていることがハッキリとわかりました。
この教材を使用する前に比べると表情が豊かになったなと思いますし、親子のコミュニケーションがうまくとれているので私も子供と関わることがとても楽しい毎日になりました。
ナコさんの画像
ナコさん
(2022/07/19に投稿)
4.0 点

提供された教材がたくさんありすぎる

ベビークモンは教材の種類が豊富な点は良いと思いますが、その分、費用もかかります。
色んなものが含まれているので、親目線でチェックすると飽きずにコミュニケーションが図れる印象ですが、0歳っていう我が子にとってはおんなじように感じるかは疑問が残りました。
こういったものはファーストインプレッションだと思いますが、興味を示してくれても0歳の子どもが真剣に取り組んでくれるかは定かではありません。
次第に飽きがきてしまい、親もやらなくなります。

バリュエーション豊富な教材に関しては、大げさすぎる印象でした。でも、やりとりぶっくは親子でのスキンシップができる仕様なので、1歳からでも使えると思います。教材も、1歳から使ったりしています。

親の喋りが大事になるので、教材はあまりバリエーション豊かでなくてもよかったです。子どもと一緒になって遊べる親子向けです。
絵本やおもちゃを渡して、素直に遊べるお子さんなら適しているかもしれません。
はらちゃんさんの画像
はらちゃんさん
(2022/08/04に投稿)
4.0 点

本を読むのが好きな子になってほしい

ベビークモンを始めようと思ったきっかけは、近所に住んでいた同級生の子供が先に入会していたため、紹介してもらったからです。
両親とも本を読むのが好きなので、子供にも「本を読むのが好きな子」になってほしいと思いましたし、ベビークモン には、「読み聞かせ1万 うた200 賢い子」という標語が掲げられており、それも魅力に感じ、入会することにしました。

ベビークモンを利用してみて、昔歌えていた童話や季節の歌などが「なんとなく、こんな感じ」としか覚えてなくても、CDに童話や季節の歌などが入っている「うたブック」と教材があるので助かりました。
歌は、子供が喜ぶだけでなく、言葉やリズム感を身に着けるには良いと個人的にも思っているので、ちゃんとした歌を聞かせれるのは良かったです。

あと、「やりとりカード、やりとりぶっく」も子供の食いつきがよく何度も遊んでいます。自分と子供とのコミュニケーションツールになっているので、これからも続けていきたいと思っています。
ほほんがほんさんの画像
ほほんがほんさん
(2022/06/21に投稿)
5.0 点

ベビークモンは飽きない仕様になっている点がいい

ベビークモン は教材としての種類が豊富な点が良いと思います。
いろいろなものが含まれており、大人が眺めていても飽きない感じなので、子供にとっても同様に感じるはずです。

こういったものは最初は興味を示して真剣に取り組んでくれても、次第に飽きがきてしまい、それによってやらなくなる懸念がどうしてもあるでしょう。

しかし、ベビークモンの場合には、バリエーションの豊かさにより、そういう心配はほぼないのではないか?と思えてきます。
次から次へと新鮮な感覚で取り組める状況になっているため、そこは非常に評価したい点です。

こういう仕様になっているだけに、これはかなりおすすめできる教材と言えると思います。
お金を出す価値を十分に見出すことができるので、幼児用教材はどれがいいんだろう?と悩んでいる人であれば、ぜひ候補にしてほしいです。

教材のレベルも年齢に合っていて特に問題ないので、そこに関しても心配は無用です。
やもりさんの画像
やもりさん
(2022/03/09に投稿)
4.0 点

子育て初心者となるパパさん向け

0歳向けだから、バリュエーション豊富な教材が届くことにちょっと大げさすぎるかなって印象でした。

やりとりぶっくは、ちょっとした親子でのふれあい遊びができる仕様ですが、これが使えるのも1歳に近くなった月齢からです。

身の回りの単語を語ってもまだキョトンとしているのを見ると、やっぱり見るより聞くというテキストを増やしてほしいです。

でも、親子でふれあいながら「いないいないばあ」を毎日やってると、あわせて楽しんでくれるので、しっかり学んでいるのが理解できます。

なので、ゼロ歳からというなら、親が相手になる、親が語り手になる感じなので、親なしでは何も身につくことはないです。
どちらかというと、パパ向けかなって印象です。

子どもと一緒になって遊んでほしいから、今月の絵本やおもちゃを渡して、見本を見ながら手遊びしたり、歌ったりしてくれています。

なかなかパパとの時間がないですし、パパもどう接したらいいかわからないから、パパの子育てツールとしては為になりました。
まぁちゃんママさんの画像
まぁちゃんママさん
(2022/02/05に投稿)
4.0 点

ベビークモン は大人同士のお悩み相談

ベビークモン の0歳向けを子供に受けさせていたのですが、個人的な感想として「親の喋り相手」という感じです。
「それが良い」と感じる人もいると思いますが、別に子供と一緒になって遊んでくれるわけではなく、今月の絵本やおもちゃを渡して、あとは大人同士でお悩み相談を始めると言った感じです。

それが悪いとは思いません。近所に相談する相手がいない人には、ストレスや悩みのはけ口になり良いと思いますし、家に籠もりっぱなしよりも少しでも子供と外に出た方が良いと思います。

しかし、子供のためになにかするわけではないので、それなら家に来てくれたらいいのではないかと感じました。

自分がベビークモンを子供にさせている時は、地域の集会所に時間になったら行って、30分程度喋り相手になってもらい終わりと言った感じでした。
そこで渡されたおもちゃや絵本は、家に持ち帰り、自分たち親が読み聞かせたり、一緒になって遊ぶといった感じなので、もう少し子供の相手をしてほしかったなと感じました。
あさちゃんさんの画像
あさちゃんさん
(2021/08/12に投稿)
5.0 点

毎回バリュエーション豊富な教材が届くので子供が楽しみながら学べる教材

0歳向けベイビークモンの良い点は、毎回バリュエーション豊富な教材が届くことです。
特に、自分が気に入っているのが「やりとりぶっく」です。子供とのちょっとしたふれあい遊びができたり、身の回りの単語を学べる冊子になっています。

やりとりぶっくをやっていたおかげで、自分の子供だけ早く覚えていた単語などがあり、「いないいないばあ」ができるようになったり、「頭はどこかな?」と聞くと自分の頭を叩いたり、して色々な動作をしてくれるので、毎日が可愛くて仕方ありません。

ベイビークモンでは「うたぶっく」もあり、やりとりぶっくの3回に1回くらいのペースでうたぶっくが冊子できます。1冊につき10曲の童謡の歌詞が収録されており、1曲は英語の曲になっています。
CDがついていたり、QRコードを読み込めばスマホでも童謡が聞けるので、外出先でも聞けるのでとても便利に感じています。

ベイビークモンを学ばして良かったなと感じています。子供も楽しそうに学んでいるので、このまま続けていきたいなと感じています。
かるふぃっしゅさんの画像
かるふぃっしゅさん
(2020/11/25に投稿)
5.0 点

子供と親が一緒になって楽しむことができる

ベイビークモンを始めて9ヶ月ほどになりますが、ベイビークモンは全部で12回コースなので、後半戦に入ってきています。利用してみた感想としては、まず「毎回バリエーション豊富な教材がついてくる」のが気にいっています。

中でもメインの位置づけにある「やりとりブック」は特にお気に入りです。子供とのちょっとした触れあい遊びや身の回りの単語を教えるのにちょうど良い冊子になっています。やりとりブックのおかげで、一人で「いないいないばあ」ができるようになったり、頭の場所を聞くと「頭をポンポン」したりして、子供らしい可愛い動作が見れて、こちら側も癒やされながら学んでいくことができます。

次に気に入っているのが「うたブック」です。ベイビークモンではうたブックを3回に1回の割合で、童謡の本がついてくきます。1冊につき「10曲」程度の童謡の歌詞が収録されており、うちの1曲は英語の曲になっています。CDについていふQRコードを読み込めば、スマホでも聞けるようになっているので、なにかの待ち時間などスマホで童謡で聞かしたりしています。

ベイビークモンは、子供と親が一緒になって楽しむことができるように工夫されており、子供も親もとても気に入って毎日行うようにしています。
なんこつさんの画像
なんこつさん
(2020/09/06に投稿)
4.0 点

子供の教育というよりは「親の教育」の方に重点を置いている

自分自身はあまり0歳から教育しなくてもいいのではないかと感じていたのですが、嫁は「ちゃんと0歳から教育していく方が良い」ということだったので、ベビークモンに通わせることになりました。

ベビークモンは、入会費もかからず、月額2160円で学ぶことができますし、通学するのではなく、自宅で学ぶことができるので、「それならいいかな」と感じました。
先生が自宅まで来てくれるのですが、自分自身も一緒に何回か受講させてもらいました。

感じたことは「母親の悩み相談、ストレス発散」な感じがしました。
先生と嫁の二人で、日頃の子供の悩みやストレスを言い合って共感し合っており、子供はDVDやおもちゃに夢中になっています。

最初は「それが教育なのか」と思ってしまいますが、それも子供にとっては「いい体験なのかも」と感じるようになりました。
理由としては「絵本の読み聞かせ」や「子供の楽しませ方」などを親が参考にして、親子二人だけになった時にちゃんと同じようにできるようになったからです。

なので、ベビークモンは子供の教育というよりは「親の教育」の方に重点を置いているような感じがしました。
公務員さんの画像
公務員さん
(2020/06/26に投稿)
5.0 点

10ヶ月の娘とベビークモンに参加

お友だちのお誘いで、ほぼ同じ月齢の6人とベビークモンに通っていました。

簡単なクモンのおはなしを聞いて、教材をもらいました。読みきかせを聞きながら、親子で絵本を楽しみました。わが子も集中していました。
CDで。童謡を聞いたり、歌ったりもしました。

残りの時間でクモンの教材で自由に遊ぶこともできました。
まだ、お勉強という感じではないですが、お友だちと楽しく教材に触れて、親子のふれあいもできるし、楽しみながらすごせます。

絵本、CD教材は各自持っているので、家に帰ってからも親子でふれあいながら、読みきかせができました。
CDは家ではもちろん、車でもいつも聞いていました。

クモンの教室に行くのはとても楽しかったです。
家で2人でいるよりも教室に行くことでゆっくりふれあいの時間を持てました。
クモンの教材の絵本はとても気に入っていて、少し大きくなってからもよく読みました。
教材以外にも先生オススメの絵本を読んだりもしました。
ゆまさんの画像
ゆまさん
(2020/05/01に投稿)
5.0 点

毎月の目標を持って、育児にめりはりが!

長男が1歳6か月の時にベビー公文の存在を知り、入会をしました。入会の決め手は、継続し易い価格設定。
月に2000円(税抜)で絵本・歌CD・やりとりBookなどの教材を頂けて、先生と月に1回面談もして頂けるなら是非試したいと思いました。

ベビー公文の良い点はいくつもありますが、一番プラスに感じたことは、育児(子供と一緒に過ごすこと)がとても気楽にできるようになったことです。ベビー公文の教材では例えば「子供の‘見る‘に注目!」など、一つの目標を提示し、それをする為の考え方や方法を深堀りして教えてくれます。
これが私にとって、とても効果的でした。

以前は子供にとって良いことって何だろうと悩み、育児ブログや育児本の情報を見ては「あれもしなきゃ、これもしなきゃ」と焦っているようなところがありましたが、「今月はこれ!!」と決めることで落ち着いて子供と接することができました。

また、気持ちに余裕が生まれるので、結果的に子供の細かな変化や成長にも気付くことが出来るようにもなれました。
ベビー公文に入会して本当に良かったと思っています。
3 人の方が役に立ったと言っています。
めがねさんの画像
めがねさん
(2020/03/11に投稿)
5.0 点

ベビークモンはCDと絵本に工夫が画期的で素晴らしい

ベビークモン は教材としては、CDと絵本という部分が特徴だと思います。

CDや絵本がついている幼児用教材は数多くあると思われるものの、このベビークモンに関しては組み合わせて使うことができる点に特徴があるのです。

というのも、CDの歌詞を絵本で表現しているようになっており、CDとして聞いたことが絵本で復習できるような状態なのです。

したがって、CDを聞きながら絵本を見るという使い方もでき、自分が絵本を読み聞かせしなくても、CDを聞かせながら絵本を見てもらうことができ、親の手間の削減にも有効だなと思いました。

こういった感じの幼児用教材というのはそこまで多くないと思うので、このベビークモンは割と特徴的な部分を持っていると思ったのです。

基本的にはメリットにしかならない特徴を持っていると思いますし、ベビークモンは多くの家庭にとっておすすめできると思います。
7 人の方が役に立ったと言っています。
シャーリーさんの画像
シャーリーさん
(2020/02/13に投稿)
4.0 点

ベビークモンを通して絵本への興味関心が高くなった

家の近くに評判の良い公文式教室があったので、この度通わせてもらうことになりました。
とはいえ、子供はまだ生まれたばかりの0歳児です。

いくらなんでも習い事は早計かと思いましたが、実際に通われている保護者の方の評判があまりにも良かったので、妻と何度も話し合ったうえで通わせることになりました。0歳向けのベビークモンではイラストや図解を使ったプリントを使って講師の方々が読み聞かせをして下さる内容でした。

実は実際に家でも絵本を使って読み聞かせをしていたのですが、0歳だと識字の能力が低いこともあってなかなか興味を持ってくれませんでした。

しかし、公文に通わせてからは明らかに子供の絵本に対しての興味が変わりました。
しかも今では進んで絵本に向かうようになったので、公文式が掲げている自主性が身についていることを実感しています。

また、ベビークモンは月々の月謝のみを払えば良いのでテキスト代は不要です。
1回当たり30分ほどと短いですが、子供の成長度合いを考えればとてもコスパが良い教材だと感じています。
0歳児といえども習い事が早すぎることは決してありませんでした。
10 人の方が役に立ったと言っています。
ゆうさんの画像
ゆうさん
(2019/07/11に投稿)
5.0 点

無料お試しを利用して入会しました

娘が生まれてからずっと日中は2人で過ごしていて、どういったことをすればこの子のためになるのかわかりませんでした。
そんな時、インターネットでベビークモンの0歳向けがあることを知ったのです。
とりあえず無料のお試し体験を受けて、正式に申し込みをするかどうか決めればいいと思い体験手続きをしました。

最初こそ、私も娘も緊張していましたが娘はすぐに笑顔になり興味を示し始めてほっとしました。
さすがプロだなと思うことが何度もあり、これを受けて良かったと思っています。

ベビークモンは、料金も安くて良心的です。料金が高いと入会をしていたかどうかわかりませんが、低価格で入会できるのでありがたいです。
可愛くて子供が好きそうなキャラクターがたくさん掲載されている絵本の貸し出しサービスもあり、至れり尽くせりだと思います。先生もベテランで、気軽に相談や質問ができるところがいいです。
子供だけではなく、私にとっても良い出会いになりました。
9 人の方が役に立ったと言っています。
リビオンさんの画像
リビオンさん
(2019/03/10に投稿)
5.0 点

くもんに基礎はベビーくもんから

私はくもん経験者ではないけれど、将来くもんに習わせたいけど、いつから習わせようか迷っていました。ベビーくもんは歌と絵本の教材を基本的に家庭で実施します。

0歳からの家庭学習は色々あるので、はっきり言って教材は歌だけのCDと絵本なので教材だけだったら自分でも揃えたり、他の家庭学習の教材の方が安いし、DVDやオモチャなど充実しています。

しかし、ベビーくもんにはくもんの先生との個人相談の時間が付いています。
私と子供が通っていた教室は先生が教室の準備の時間を利用して行っていただいたので、じっくりと相談できました。
先生も子育て経験者、幼児教育のプロで何人もの子供たちを見て来たので勉強の面だけでなく、子育ての相談もして、子供の小さい時は子供の為ではありますが、母親の自分の為にも通っていました。

子供も相談中などに、買うと高いくもんのおもちゃで遊ばせてもらい、ただ買い与えるよりも先生の説明や効果的な遊び方を教えてもらえたので、大満足でした
11 人の方が役に立ったと言っています。
コンペーたさんの画像
コンペーたさん
(2019/03/02に投稿)
5.0 点

入会金や教材費は無料でよかったです

幼児教育は高いといったイメージがあって二の足を踏んでいたのですが、ベビークモンの0歳向けは思いの他安い料金で利用できて良かったです。
入会金や教材費は無料で、月額約2000円で申し込みができました。

初めての子育てでどうしたらいいのかわからないことも多々あったのですが、これを始めてからは少し余裕や自信を持てるようになり毎日が楽しくなりました。
まだ小さくて言葉も話せない我が子ですが、ベビークモンを始めてからは表情が豊かになって楽しそうな顔をすることが増えました。
夫や両親もそのように言ってくれるようになり、良い刺激を与えられるようになったと思っています。

自宅で一緒にいるときに時間を持て余すことがなくなりしたいことが次々に出てくると、表情がコロコロ変割るようになりました。
小さいながらも好奇心を持ってくれていることがわかるようになり、ほっとしています。
以前と比較すると、泣くことが大分少なくなりました。
8 人の方が役に立ったと言っています。
アイラさんの画像
アイラさん
(2018/12/30に投稿)
5.0 点

自分が公文をしていたのでこれを選びました

私自身小さいころに公文の教室に通っていたので、もし自分に子供ができたら同じように通わせたいと思っていました。

そんな時ベビークモンに0歳向けがあるということを知ったため、早速無料体験の申し込みをしました。
一体どんな反応を示すだろうかとドキドキしていたのですが、嫌がったり泣いたりすることはまったくなくいつも機嫌がいいです。
小さいころからたくさんの刺激を与えたいと思っていたので、教材を使って歌ったり絵本の読み聞かせをしたりしているのですがこれまでとは違う方法でコミュニケーションが取れるようになりました。

ベビークモンは、小さな子供でも飽きずに興味を持っていられるように教材に工夫がしてあると思います。
特に絵本はお気に入りで、食いつくようにじっと見ているので良いものを知ることができて良かったです。
子供向けですが、親も一緒に楽しめるようになっているため今後も続けていきたいと思っています。
9 人の方が役に立ったと言っています。
のんこさんの画像
のんこさん
(2018/10/23に投稿)
5.0 点

7か月の息子にベビーくもんさせています

公文は私が子どもの頃から知っていましたが、ベビー用があるのは妊娠して知りました。月々の支払いも2160円ととても安く始めやすいのが魅力的です。
でも、どんなものなのかまずは体験したいと思って、無料体験を申し込みました。住んでいる地域に教室があったので、こんな身近にベビーが受けられる教室があったんだ~と驚きました。

先生方はとても優しく親切で、息子は嫌がることなく笑顔を振りまいて体験できました。
体験教材は貸し出しとプレゼントと両方あって、一旦自宅に持ち帰ります。まだとても興味津々という訳でもなかったんですが、読み聞かせたり音楽を聞かせたりすること、そしてそのスキンシップがとても良いことと教えて貰ったので、息子と楽しく学んでいます。

先生の勧誘も全く激しくなくてお話しやすく好印象。それも入会の決め手になりました。自宅から近い場所に教室があるのも良いです。
まだ何に効果があるのかは分からないですが、ベビーくもんをしている子は成長するにつれてしていない子と差が出ると聞いたので、それを信じて楽しく学んでいきます!
可愛いキャラクターの絵本もお気に入りです☆
8 人の方が役に立ったと言っています。
はるママさんの画像
はるママさん
(2018/05/17に投稿)
4.0 点

公文の赤ちゃん教材ってどんな感じ?ことばも分からない0歳児が使うBaby Kumonの教材ってどんななの?

0歳から始められるということで始めました。子どもが生まれると、1日1日がおむつ交換と授乳で明け暮れていくことが当たり前でした。でも、仕事に復帰した友達から、子どもの預け先の保育園では歌をうたったりなんと絵本の読み聞かせをしてくれて過ごしていると聞き、これではいけない!と焦りました。歌も絵本も0歳の子にどうやって与えるのか?分からなかった私は、自分も小学生の時に通っていた公文教室に0歳から通えるとしり早速入会しました。

イメージ的には、しまじろうよりも教材が本格的で、それを親の私と使って遊ぶというものでした。
ことばが分からないだろうと思っていた私は、絵本を読み聞かせするには早いのかな?とも思いましたが。「うたぶっく」というCD付きの絵本はとっても良かったです。
これはそのCDの曲の歌詞が絵本になっているものです。それまで、頭では0歳の赤ちゃんにお母さんの歌声で歌を聞かせるということが良いと分かってはいても、実際にどれを歌ってよいかわからなかったのですが、これがあると、色々知っていなくいても繰り返し歌ってあげられて、あーあーと一緒にその歌に合わせてなのか反応する声がでてきました。
10 人の方が役に立ったと言っています。
よっちゃんママさんの画像
よっちゃんママさん
(2018/05/10に投稿)
5.0 点

Baby Kumonに通って4カ月で絵本が大好きになりました。

安くて手軽に始められそうと思い、無料お試し期間に予約をして息子とくもんの教室へ行きました。
先生は話しやすそうな雰囲気で、息子の教材への食いつきも良かったので、すぐに入会しました。

Baby Kumonは月1回くもんの先生とお話しをする「Baby Kumonタイム」があります。息子は先生が大好きで教室ではいつもニコニコ機嫌が良いです。
絵本やパズル、カードなどの教材の使い方や楽しみ方のお手本を見せてもらったり、子育ての悩みも相談出来るので私にとっても貴重な時間です。

もらえる教材は「読み聞かせの絵本」と「やりとりレシピ」という親子のやりとりや子育てのヒントが満載の冊子、「やりとりぶっく」という会話をしながらやりとりが出来る教材、親子で聴ける童謡が数曲入ったCD等があり、楽しく言葉のやりとりが出来る内容になっています。

息子はくもんの絵本が大好きで毎日本棚から絵本を取り出し、読んでと渡してきます。
くもんのお陰で毎日絵本を読み聞かせるようになり、絵本を読み聞かせながら息子とコミュニケーションをとることが習慣になりました。
これからも継続して楽しく教材に取り組んでいく予定です。
26 人の方が役に立ったと言っています。
きりんさんさんの画像
きりんさんさん
(2017/10/01に投稿)
1