幼児教材本舗のホーム > Z会 幼児コース (年長)の口コミ・評判 - 実際に使ってみた感想と本音

Z会 幼児コース (年長)の口コミ・評判 - 実際に使ってみた感想と本音

4.4(18件)

Z会 幼児コース (年長)の口コミ

5.0 点

家と外で、親子で学んで楽しむ教材です

他社の教材とは違い、ひらがなや数字だけではなく、自然を感じ取ったり体験したりと、親子で進めていく感じの教材です。
決して大変ではないのですが、子どもに「とりあえずやっておいて」という教材ではありません。
でも、これをきちんと進めたら、感受性の豊かな、それでいて国語算数もできるような子になるだろうなあと思いました。

私も結構めんどうくさがりなのですが、外に散歩に行ったときにこの教材を持っていって、草花を見たり、雲をみたり、虫を見たりしました。
子どもはもう小学3年生ですが、理科の教科書にある写真を見つけて「ママと一緒に見たね」と話してくれることも多々あります。

あのときのことが、理科や社会に繋がっているんだなあと今になって気づかされています。
幼稚園の頃は本当に忙しくて、そんなに頻繁に散歩に行ったわけではないのですが、覚えてくれていることにうれしくなります。

今もまだZ会の小学生コースを楽しく続けています。
りなママさんの画像
りなママさん
(2021/07/07に投稿)
4.0 点

Z会幼児コースを子供が主体的に取り組む姿を見て続けようと思っています

色々な幼児向けの教材はありますが、利用している年長向けのZ会幼児コースは小学生になる準備としてしっかりと学ぶことができそる教材だと感じています。
毎月4種類の教材が届くのですが、量も質も我が子にとってちょうど良いものだと実感しています。
子供が楽しそうに毎月取り組んでいますし、難しすぎずわかりやすいなと親としては感じています。

初めは子供が興味を持たない、積極的に学ぼうとしないならすぐにやめようと思っていましたが、教材に対して主体的に取り組む姿を見てこの教材は我が子にあっているから続けてみようという気持ちになっています。
自分から興味を持って学ぶということを重視しているので、その点ではZ会幼児コースはうちの子にとって非常に良いです。

特に気に入っているのは親子で取り組む体験型教材で、私も子供の様子を隣で見ることができるので嬉しいですね。
幼児期の現在しかできない五感を使った学びが魅力的で、年齢にあったものが届いていることに満足しています。
すーママさんの画像
すーママさん
(2022/07/27に投稿)
4.0 点

小学生入学に向けての準備ができる

小学校に入学するにあたって、第一子で3月末生まれということもあり学校についていけるか不安があったため、自宅でできる通信教育の検討を始めました。

ベビークモンやドラキッズなどもありましたが、口コミ評価が高く確実に勉強の力が養われるz会に入会を決めました。

始める前までは白黒でテキストで難しそうなイメージがありましたが、実際は重要だったり注目してほしい箇所はカラーだったり適宜イラストもあって、幼稚園生でも取り組みやすいと感じました。

親向けのサポートブックも充実していて、着目するポイントや教え方が詳しく書かれているので初めての通信教育でも教えやすかったです。

毎日10分程度で終わるボリュームなので幼稚園生も飽きずに集中して終わらせることができたし、幼稚園に行く前にだらだらせず勉強する癖がついたのが一番良かったと思います。

小学校に入ってもあらかじめ学習していたせいか、クラスメイトに取り残させることなく過ごせています。
かなさんの画像
かなさん
(2022/03/01に投稿)
5.0 点

Z会年長コースを受講すると子供が主体的に勉強するようになりました

Z会の幼児コース(年長)の教材が届くと、子供が「やる!」と言ってすぐにワークに取り組みだします。お友達がこの教材をしていることを知り、自分もしてみたいというので受講することにしました。

幼児教材のなかではしっかりと勉強できるタイプなので、うちの子には難しいかもしれない、途中で投げ出して見なくなってしまうかもしれないと不安でしたが、お友達も頑張っているから自分も頑張りたいと言い、もうすぐ小学生になるからきちんとすると言うので、驚きましたね。

親子で取り組む体験型の教材があるので、子供とコミュニケーションを取ることができて楽しいですし、子供の成長ややる気がわかって安心しました。
子供が一人で取り組むワークもあり、小学校入学を見据えて学ぶことができるので、優秀な教材ですね。

この教材に取り組むようになってから、時間は短いですが子供が主体的に勉強をするということができるようになり、小学校に上がる前の教材としてすごく良いと感じます。
あこさんの画像
あこさん
(2021/03/09に投稿)
4.0 点

z会を通して考える力が身に付いた

小学校に向けてテーブルで学習する癖や勉強への苦手意識をなくすために自宅でできる通信教育を始めたいと思い、口コミ評価の高かったz会の年長コースを申し込んでみました。
毎月送られてくるテキストを利用したワーク学習はカラーでイラストも多用されていて、その季節に沿った身近な材料を用いてわかりやすく簡単すぎず難しすぎない問題になっています。

文章問題では理解ができずにつまづいてしまう箇所もありますが、年長の時期にぴったりの難易度なので、飽きずに毎日楽しそうに取り組めています。
また5感をフル使って実際に経験を通して学んでいく実体験は机に向かって勉強するのとは違ってワクワク感やドキドキ感を伴うので、親と一緒に体験作りができ気に入っています。

z会を始めてから絵本をよく読むようになりその理解力が深まったり、感想を聞いた時の内容もしっかりして、考えてアウトプットする力が身に付いたと感じました。
教材費はびっくりするほど高くないし、月費よりも年費の一回払いの方が若干安く受講できるのでお得です。
有原さんの画像
有原さん
(2020/12/15に投稿)
4.0 点

頭と体、遊びながら学習をさせていく

脳を発達させるには幼児期の教育がとても大事ということで、色々な教材を探していたのですが、知人や親戚が小学校に入る前に子供たちに経験させたというこちらを紹介されました。
それでうちの息子も入会させようという事に決めました。私立の小学校に受験をさせるとか勉強を強要する目的ではありません。

幼児期に好奇心をくすぐって何事にも興味を持ってもらえるような人に成長して貰いたいという気持ちで教材を取寄せることにしました。
自分が小学校に入ってから知ったようなものが教材には多く載っているので驚きました。

例えば物理や化学に繋がっていくような科学の勉強を子供たちが喜ぶようなマンガのキャラクターのような絵と一緒に解説が書いてあったりするのですが、やり方のヒントなどは書いてあるのですが実際やって見るとどうなるのかな?という興味が湧くような作りになっています。

登場するキャラクターも突拍子も無いものではなく、あくまで現実的な絵です。
色や絵が大好きな芸術的な感性をもつ子にとっては少し退屈してしまうかも知れませんが、勉強の教材としては違う方向に興味が分散しないのでいいかもしれません。

うちの息子は生き物の生態に大変興味を持つようになりました。
簡単すぎず難しすぎない問題や体験をさせてみようとさせる教材ですので、子供の色々な方向へのスタートとしていい教材だと思います。
ひろさんの画像
ひろさん
(2020/08/17に投稿)
5.0 点

Z会は昔も今も内容が濃く長く続けられる!

母親である私が、長くお世話になっていたのがZ会の通信講座でした。
途中お休みした時期もありましたが、幼少の頃から高校生まで、様々な世代に利用していました。

正直自分の幼少の頃の細かいことはよく覚えていないのですが、中高時代にはわかりやすい解説と、きめ細かい添削指導をしてもらっていたのを覚えていて、自分の子供にも受けさせてみようと思い、幼児コースの資料を取り寄せて見ました。

子供に勉強はまだ早いかも?と思いつつも、内容を見てみると、知育を実によく研究されている内容で、子供に渡すととても楽しくすいすいと進めていました。

他社の幼児添削指導の資料も同時に取り寄せてみたのですが、Z会のものは付録などもなく、いちばんよくまとめられている、さすが多くの世代から支持を受けているだけあるな、と実感しました。

そうして、我が家ではZ会の通信講座を年長から受けさせることにしました。
学校に通学するという当たり前の形が壊れゆく今日この頃、やはりZ会を始めていて良かったな、と思っています。
あーママさんの画像
あーママさん
(2020/07/20に投稿)
4.0 点

Z会で小学校入学前に基礎力をつける!

小学校入学前に学習面での基礎力をつけたいと思い、年長のときにZ会幼児コースに申し込みました。
Z会幼児コースでは、子どもと一緒にワーク学習や実験を楽しめます。

勉強らしい勉強はそんなに多くはないと感じますが、身の回りの自然や文化からたくさんのことを学ぶことが出来ました。

親子で取り組む「ぺあぜっと」はやったことを毎月「ぺあぜっとシート」に子供は絵を描き、保護者は説明文を書いて提出しなければなりません。
少し面倒かなと思う方もいると思いますが、親子で何かをやるという機会を得られたのでとても良かったです。

子どもも絵の他に自分で説明文や言葉を入れていたので字を書く勉強になって良かったです。

年長では時計の教材を貰ったのですが、この教材のお陰で、年長の早い段階から時計が読めるようになりました。
幼稚園のクラスでは早い方だったようで幼稚園の先生からも褒められるほどで、やらせてよかったなと思います。

勉強や実験好きになり小学校の学習も嫌がらずにやっているので良かったです。
りんごさんの画像
りんごさん
(2020/07/04に投稿)
4.0 点

大人でも楽しめる内容のZ会幼児コース

小中高の子供達の通信教材として有名なZ会。長女が年中長の時に使用していました。
内容は、他の通信教材と比較すると、やはり少し難しいかもしれません。

ただ、シールを貼ったり絵を描いたり、迷路などの内容も多く、楽しく学習習慣をつけながら、平仮名や数字の概念も学習を進める事ができます。
感覚的には小学1年生の内容を簡単に噛み砕いた感じでしょうか。
とは言っても学習冊子はオールカラーで、イラストもふんだんに使われているので、長女も嫌がらず楽しくお勉強していました。

また毎月の添削教材は、赤ペン先生とのお手紙交換のような内容で、楽しかったことや思い出を絵に描いて提出するものでした。
毎月毎月、先生からのお便りを楽しみにしながら絵日記をつけているような感覚で楽しめました。

また、学習教材以外にも、身近なものを使っての簡単な理科実験や、季節の行事、子供と一緒に出来るクッキングなどが冊子に載っており、大人が読んでも勉強になり楽しい内容が盛り沢山でした。
付録のようなものが付いてこないのも置き場所を取らず、我が家にとっては好都合でした。
ももちゃんママさんの画像
ももちゃんママさん
(2020/06/30に投稿)
4.0 点

Z会 には独自の教材が多いです

Z会は私自身が学生時代に利用していたのですが、如何せん難しく途中で諦めてしまったという経験がありました。

しかし幼稚園ではありますが息子には何とかやり遂げてもらいたいと思い、Z会 幼児コースを取り寄せたのです。
いくつか教材が届き、ワークはそこまで難しくはない感じでした。実際、息子もスラスラと解けていましたし簡単だと言っていました。実戦形式を取り入れているように感じ、あまりイラストは多くはありません。

だからこそイラストに注目をしてしまい集中力がそがれることがないので、勉強に向いているのではないでしょうか。

教材の中でも注目すべきはぺあぜっとでしょう。これは名称の通り、ペア、つまり親子で取り組むためのもので理科系のものを学んでいくだけでなく、料理をするのが最大の特徴かもしれません。

材料が様々な形に変わったりしますし、おやつとして食べられるため飽きることなく最後まで続けられました。
他にはない、教材だと思います。
さねともさんの画像
さねともさん
(2020/06/10に投稿)
5.0 点

友人にすすめられたZ会年長コースを始めて息子が変わりました!

私立幼稚園に通っていた息子が、周りのお友達の影響を受けて、何かやってみたい!と言い始めたのが、幼稚園の年長の頃でした。

周りのお友達は、いくつも習い事をしていて、ママたちはとても熱心で、正直私は、ちょっと付いていけないかもと弱腰でしたが・息子の意欲に押されて、いろんな人の話を聞いてみることにしました。
そんな時に、ママ友から聞いたのが、Z会でした。Z会といえば、私や兄弟みんなが高校時代お世話になった教材で、おかげで部活との両立に成功した懐かしく良い思い出がありました。

早速調べてみると、幼稚園コースがあることに驚きました。しかも、年長コースまであり、値段も予想より安かったので、気楽に始められめした。

息子が一番夢中になったのは、かんがえるちからコースでした。
子供ならではの、なぜ?どうして?の好奇心が詰まっていて、考えていく力を伸ばす学習です。

これからの教育に必要な、自分の言葉で説明する力を身に付けるスタートだと思います。
理解した時の嬉しそうな表情から、始めてよかったと感じました。
かずささんの画像
かずささん
(2020/04/23に投稿)
5.0 点

小学校に入学する前にしっかりと様々な知識を身につけることができます

Z会幼児コースはワーク学習+実体験にこだわり、自ら学びに向かう力をつけてくれるので幼児期における学びの「質」をかなり向上させることができ、小学校入学に向けての勉強とかも色々とでき、小学校で学ぶ勉強とかも先取りして学べるため、知識とか能力を入学前までに身につけることができます。

教材で得られる5つの経験はほんとに大切なものとなっていて、自分でやり遂げたときの達成感や自分でできると楽しさ、関心や意欲とかなども強めてくれるので色々なことにチャンレジしていくように力をつけてくれます。

またZ会幼児コース(年長)では「ことば」「数・形・論理」「自然・環境」「生活・自立」「表現・身体活動」の5つの領域を徹底していて、様々なことにチャンレジしていってほしいという願いもあったりします。

家族で勉強を楽しめるように教材とかも色々な工夫が施されていて、子供と接しながら勉強を教えていけるようになっているのでほんとに助かります。
8 人の方が役に立ったと言っています。
フォードさんの画像
フォードさん
(2019/08/24に投稿)
5.0 点

充実した親子の時間をとれるようになりました

第2児が生まれたことで、これまでのように上の子とかかわりを持つことができなくなって困っていました。そんな時に、Z会幼児コースを知ったのです。

まずは無料のお試し教材をとったのですが、想像していたよりもずっと良かったです。何より本人が興味を持って取り組んだことが、1番良かったと思っています。
すぐに飽きてしまうのではないかと思っていましたが、もう寝なさいと声をかけるまで教材を見ていました。
翌日も朝起きてすぐに教材を探し手に取っていて、うれしかったです。

Z会幼児コースはページあたりの量がちょうどよくて、子供の集中力が途絶えることがありません。
時には問題が解けなくてつまづいたり間違ったりすることもありますが、途中で投げ出すことがなくどうにかして最後までやり遂げようという思いが見えます。

また先生からお手紙を頂けることも、本人のやる気につながっているように感じました。いつも丁寧なお手紙をもらえるので、食い入るように見つめています。
11 人の方が役に立ったと言っています。
ストライプさんの画像
ストライプさん
(2019/06/20に投稿)
4.0 点

ワークだけじゃなくて様々な体験ができる教材

我が家では年長の娘が4月からZ会幼児コース(年長)を使用しています。
Z会の幼児コースはZ会なのに内容が簡単すぎると評判はあまり良くないようですが、私は難しすぎないところが気に入っています。

我が家でZ会を利用する目的は小学校入学に向けて学習習慣を身につけるためと、「分かった→楽しい」と感じてほしいからなので難しすぎない内容はちょうどいいです。

また、Z会でおすすめなのはぺあぜっとという様々な体験ができる教材です。
先月のテーマは骨についてでした。骨のある動物とない動物について学んだり、自分にも骨があるということを実感したり、ゲームを通して骨がからだを支えているということを娘なりに理解できたようでした。

我が家ではぺあぜっと担当はパパです。
普段は仕事が忙しくて娘とどう遊べばいいのか分からないパパですが、手順通りに進めていくだけで楽しく遊ぶ(学ぶ)ことができて2人にとってとても有意義な時間となっているようです。

また、食育(料理)も毎回あり、親は大変ですがこどもはとても楽しそうに行っています。
季節に関連したレシピだったり、テーマが骨だった時には手羽先を使った料理を作り、様々な方面から1つのテーマを学ぶことができました。
11 人の方が役に立ったと言っています。
ゆいママさんの画像
ゆいママさん
(2018/08/29に投稿)
5.0 点

モチベーションがあがるZ会通信

年長になる娘にそろそろ小学校入学準備をと思いZ会の通信教材を始めました。ワークの内容はシールを使ったり絵を書いたりと「ザ・お勉強」と言った内容ではなく楽しみながらできるものが中心ですが、大人の目でよく見てみると幼児期に身に着けたい思考力を鍛える問題があったりと内容は充実しています。

また、一番の目的だったペアゼットは後々理科のお勉強に繋がるようなテーマが与えられ、親子で楽しめるのもこの教材ならではの特徴だと思います。
更には親子で料理に挑戦するという課題も与えられているので、無理やりのお手伝いではなくZ会のテーマとして取り組めるので、台所育児にも繋がり実体験できるところも良い点だと思います。

実際に教材をしている娘の目線では、毎月担当の先生に「ペアゼットシート」を仕上げて送る事により、返事がもらえ、またご褒美シールが同封されており、そのシールを集める事によってもらえるプレゼントが励みになるようで、モチベーションアップにも役立っているようです。
まだ初めて浅いですが、楽しみながら取り組めるという点からも使ってみてよかったと思います。
10 人の方が役に立ったと言っています。
まゆげみつさんの画像
まゆげみつさん
(2018/07/08に投稿)
5.0 点

ぺあぜっとシートは記録にもなります

Z会年長コースは、年中コースから一歩進んで、添削先生が担当につきます。添削といっても、課題は、「たけのこのきんぴらをつくる」「パラシュートとをつくってとばす」「レストランごっこをする」「パフェを作ってパーティーをする」といったいろんな体験をしたことを親子で話をし、その体験を絵にかくぺあぜっとシート、というものです。

もちろん、添削するということはなくて、一応担当の先生が付き、先生に見てもらう、という感じです。

ぺあぜっとシートにかく体験は、いろんなものから選ぶことができます。
一緒にやった人、思ったことなどをおうちの人が書きます。さらに、思い出メモという欄があり、「子供が今好きな遊び」「最近の口癖」「今の髪型」「今一番大事にしているもの」「将来の夢」「服のサイズ」といったことを記録しておくことができます。
これは、その時はあまり気にしていませんが、後で見返したと時に、とてもいい思い出になります。

専用ファイルもついてきますので、大事に記録として残しておけるのがとてもいいです。
11 人の方が役に立ったと言っています。
しずちゃんさんの画像
しずちゃんさん
(2018/04/26に投稿)
5.0 点

親子で体験学習が大変だけど楽しいです。

小学校に入ったらZ会をやろうと思っていたので、Z会の幼児コースがあるという事で取り入れてみました。
内容はそんなに難しくなく、考える事に重点を置いている様で、さすがZ会といった感じです。幼児は詰め込みより考える力を付けるのが優先だと思っているので満足です。

息子が一番気にいったのは、体験学習です。
親子で一緒に取り組まなければいけないので、手間はかかりますが、その分親子のコミュニケーションがとれ、達成感もあり、楽しいです。
今息子は8歳ですが、楽しい思い出になっている様で、またやりたいと言っています。(Z会の3年生コースには体験学習がありません)

保護者向けの冊子も届くのですが、コラムなど読み応えがあり、知識がつくので良かったです。
付録がついてこないのも評価が高く、毎月小物が増えると狭い我が家は大変なのと、付録目当てで取り組んで欲しくなかったので、Z会で良かったと思っています。

幼児の時期に付録がなかったので、小学校でZ会を続けていても付録を欲しがらないので良かったです。
もし幼児期に付録付きの教材をやっていて、小学校からZ会に変えると嫌がるお子さんもいるのではないかなと思います。
25 人の方が役に立ったと言っています。
ゆきだるまさんの画像
ゆきだるまさん
(2017/12/29に投稿)
4.0 点

Z会幼児コースの年長を1年間やってみて

現在小学校1年生の息子が年長の時に、Z会の幼児コースの年長を1年間とっていました。
 
内容は、「かんがえるちからワーク」という算数・国語のワークと、「ぺあぜっと」という体験型の教材でした。
「かんがえるちからワーク」については、ちょっと考えさせるような問題や、問題文がきちんと理解できないと答えが出せないように敢えてしているのかな?といった問題がよくありました。

しかし、ある月にできなかった問題も、翌月、さらに翌々月のワークで同じパターンの問題が良く出てくるので、2回目、3回目からは大人に聞かなくても自分でできるようになったり、と、復讐のように繰り返しながら徐々に定着していったような気がします。
 
ぺあぜっとに関しては、暮らしの中の様々な実験や体験が毎月載っており、(例えば光や風の実験、交通の標識調べ、お料理等)全部はできなくてもいいから、出来たものにかんして絵と感想を書いて毎月末に提出する、という形になっていました。
 
しかし、このぺあぜっとが結構地味に負担になってきて、しかも、料理に関しては魚をさばいたり、干し柿を作ったりと、大人でもやった事がないような事が出てくるようになったので、内容に疑問を抱くようになり、1年間でやめることにしました。
28 人の方が役に立ったと言っています。
momoさんの画像
momoさん
(2017/10/18に投稿)
1