幼児教材本舗のホーム > 幼児ポピー ポピっこ きいどり (3・4歳 年少児)の口コミ・評判 - 実際に使ってみた感想と本音

幼児ポピー ポピっこ きいどり (3・4歳 年少児)の口コミ・評判 - 実際に使ってみた感想と本音

4.5(38件)

幼児ポピー ポピっこ きいどり (3・4歳 年少児)の口コミ

5.0 点

幼児ポピーを購読し、勉強意欲を持たせました

低価格で始められるため、月間幼児ポピーを子どもにやらせてみることにしました。
シールを貼ったり、迷路や間違い探しをしながら楽しく、文字や数字を勉強していくことができました。
子どもだけでなく、親子で思考力が鍛えられる遊びもありましたし、楽しく学ぶということができたと思います。

勉強に向かわせるという習慣も小学校に入る前から身につけることができましたし、勉強に対する嫌悪感なども持つことがなかったです。

小学校に入るまでは、勉強というよりかは遊びという感覚でやっていましたし、数字やひらがななどは自分で書けるようになると楽しいみたいで、勉強に対する興味も強くなったと思います。

小学校に入ってからもポピーは続けることができましたし、小さい頃から慣れ親しむことで、ポピーに取り組むことが普段のルーティーンみたいになっています。月々の価格もそんなに高くないですし、いい意味でそんなに量も多くないです。

勉強への入り口としては納得のいく教材でした。
pecoさんの画像
pecoさん
(2021/11/08に投稿)
4.0 点

毎月届くのを楽しみにしています。

幼稚園に入り平仮名を覚えたり、勉強する習慣をつけることを目的に始めました。1ヶ月ごとにあ行・か行と少しづつ勉強できています。

子供にとっては勉強ではなく楽しいシール貼り、工作の延長のように捉えているようです。教材はワークブックが1冊届きます。

その中に工作などはありますが、付録のおもちゃのような教材はありません。
親にとってはものが増え続けることがなく、勉強に特化できる教材なので気に入っています。

文字はすぐに覚えられるわけではありませんが、興味を持ち始めているので簡単なものは読むことができるようになってきました。
値段が980円と安く、学年が上がっても高額にはならないので続けやすいと思います。

内容は季節の行事や食べ物、生活習慣などは楽しく学べるものになっています。教材が1冊なので、ボリュームは少ないです。
届くとすぐにやってしまうので、もう少し学習ページなど繰り返し取り組む部分や量が増えるともっと良いかと思います。
はるかさんの画像
はるかさん
(2022/03/13に投稿)
4.0 点

幼児ポピー ポピっこ きいどりはストーリー性に溢れた教材が良い

3、4歳向けの幼児ポピー ポピっこ きいどりを使用していますが、全体的に満足いく内容になっているなと感じられます。

子供が進んで勉強をしてくれている雰囲気を感じられますけど、よくよく中身を確認してみると、全体的に一貫したストーリーが存在していました。

教材はいろいろな分野について学ぶことができるようになっているのですが、分野ごとに独立した状況にはなっていません。

一見すると、分野ごとに独立しているようにも見えるのですが、詳しく調べてみるとそうじゃないことに気付けます。

全体的にストーリーがあって、ちゃんとつながっているため、そこに興味を見出すことができるのです。

実際に取り組んでいる子供からすれば、全部を通じて学ぼうとする意欲がわいてくるのではないでしょうか?

幼児ポピー ポピっこ きいどりは全部を学ぼうとしないと、ストーリーが完結しないようになっていますから、そこはきちんと工夫されていると感じましたし、高く評価できる部分だと思ったのです。
やまぞえさんの画像
やまぞえさん
(2021/07/03に投稿)
5.0 点

ポピーが娘にとってとても重要なわけ

私の娘が「幼児ポピー ポピっこ きいどり」を受けています。
ポピーをやるまで、話すことに苦手意識を娘は持っていました。
しかし、徐々に語彙力がアップしているように感じます。
自分から知識を学ぼうとしている姿が喜ばしいです。

ポピーをやるようになって、自分から何かをしようとする姿勢が娘に生まれました。
そして、子供たちの中でも、楽しそうに遊ぶようになりました。
やっぱり、笑顔が増えたことが一番、親として嬉しいです。

いろいろな教材がありますが、ポピーをお勧めできます。
もちろん、他の教材を試したことがないので、一番お勧めできるとは言いづらいですが、確かにポピーをはじめて、私たちの娘は成長しているように感じます。

ポピーで文字や数字を学ぶことに、抵抗がなくなったとも感じています。
とりあえず、しばらくはポピーは続けさせてあげようかなと思っています。

娘が喜んでやっていることの、邪魔をしたくないというのが、親の本音です。
N.Hさんの画像
N.Hさん
(2021/04/18に投稿)
4.0 点

付録以外の教材としての充実度が素晴らしい

幼児ポピー ポピっこ きいどり (3・4歳)は、値段と比較したときの内容面が非常に充実していた印象でした。

値段は割と安い方かな?と思えるほどでしたが、実際に届いたものを見ると意外と中身が詰まっている感じで、利用した甲斐が大いにあった気がしました。

幼児用教材は、どうしても付録の面で充実感を出そうとしているものが多い気がしており、それだとあまり意味がないと感じていたのです。

しかし、 幼児ポピー ポピっこ きいどり (3・4歳)に関しては、ちゃんとした教材として作られており、学べる状況が存在していたので良かったと思います。

付録で稼ごうとしていない部分に信頼がおける気がしましたし、当の子供も楽しく使っているようなので十分におすすめできる教材でしょう。

もっと上の年齢用ののものも用意されているみたいですから、子供が成長したらそれに関しても使わせてみようかな?と考えています。

幼児用の教材で迷ったときにはおすすめできます。
BLTさんの画像
BLTさん
(2021/02/13に投稿)
4.0 点

幼児ポピーを年少から年長まで使ってみました

子どもが幼稚園に入園し、たまたまテレビCMで見た幼児ポピーに子どもが興味を示したため申し込むことにしました。

毎月ドリルンとわぁくんが2冊と、半年に一回くらいおまけですごろくなどついてきました。
ドリルンは計算や間違い探し、迷路で線をなぞる練習など幼稚園児でも無理なく、楽しみながらできる教材になっていました。

わぁくんは工作が主で、毎回付録付きなので家でも簡単に取り組むことができました。
シールもたくさんついているので、年少の頃はシールを剥がして貼るという行動だけでも刺激になったのではないかと思います。

子どもからポピーをすると準備したり、子ども自身も楽しみながら行えていたと思います。
年齢に合わせて毎年少しずつ問題も難しくなってはきていましたが、解けないということはなくヒントを出せばうちの子どもは解けていました。

小学館入学にも合わせてひらがなの練習や、問題を読んで合わせて何個でしょうなどの簡単な足し算の練習などもできていました。
私は頼んでいなかったですが、英語教材もありました。

最初は楽しみながらやっていましたが、年長になるにつれて、少しずつ飽きが見え始めました。
親がすすめないとやらないという時期が続いたので、小学校入学前にポピーをやめました。
mocamocaさんの画像
mocamocaさん
(2020/07/28に投稿)
5.0 点

質のいい幼児用教材を使って楽しく勉強できました。

転勤族で小さい子供と引越を繰り返していました。
慣れない土地で家の中で過ごすことが多く、2人で楽しく勉強できるものはないか探して決めました。「幼児ポピー ポピっこ きいどり」は かわいらしい絵で子供の反応もいいものでした。
何度も読み返し、遊びながら学習できました。

特別教材は子供が特に楽しみにしていました。
住所が変わっても教材は定期的に届けられていました。
遊びながら考える力をつけているんだなと思ってはいましたが、幼児のころは他の子と変わりなく成長していると思っていました。

その後、外では元気に遊び、家の中では「ポピっこ」を読むというリズムで生活していました。
違いを感じたのは子供が小学校の高学年になったときです。
漢字の書き取りなどの覚える学習から、計算などの考える学習に変わったときのテストの結果に表れてきました。

「 ポピっこ きいどり」にであったからだと思っています。
「きいどり」のあとも「ポピっこ」を継続していきました。感謝しています。
6 人の方が役に立ったと言っています。
セブンさんの画像
セブンさん
(2020/02/01に投稿)
5.0 点

子供と一緒に楽しめて良かったです!

以前に子供が3歳の時に幼児ポピー ポピっこ きいどりのみでしたが利用したことがありました。
正直、父親である私としてはまだ3歳ですし、また小学生になってからでも勉強の方は良いかと思っていたのですが妻と相談したところ少しでも早くから勉強はさせておいた方が良いのではとなり利用したことがありました。

私はお恥ずかしながら全く幼児ポピー ポピっこ きいどりを知らなかったのですが、妻に紹介され知ることになりました。
最初はどうなるのかと不安と心配だらけでしたが、いざやってみると予想外に楽しめてたのでした。
子供だけではなく親までもが一緒に楽しむことが出来たのです。
ですので、私は夜に仕事から帰ってきては子供と幼児ポピー ポピっこ きいどりをして勉強だけではなく、子供とのコミュニケーションにも役に立ちました。

日頃は解らなかった子供の一面であったり、また今現在の子供の能力も計ることができ本当に素晴らしいと思いました。
8 人の方が役に立ったと言っています。
マーチンさんの画像
マーチンさん
(2019/12/07に投稿)
3.0 点

ポピっこを通して。

幼稚園に入園する頃に開始しました。親子で楽しめるので、開始したての頃はシールを貼るのが楽しく、あっという間にその日中で終わってしまうという状態でした。

繰り返し同じ冊子を学習する事もなかったのですが、付録でついてくるミニ絵本はお気に入りだったようです。
上の子が年長になり下の子が年少になったので下の子の分を受講したのですが、全く内容が同じと言われてびっくりしました。下の子の分は1年受講は続けましたが言われた通り、内容は全く同じでした。

本屋さんで同様の教材はないですし、全ページフルカラーでこの価格はすごいと思いましたが、シールを貼り、サラサラと文字を書きこんで、短時間で終わらせていたので、学習として身についたかどうかはよくわかりませんでした。

子供が飽きる前に終わるのがちょうどいい時間なのかもしれませんが、もう少し考えるような中身があってもいいかなと、常々、物足りなさを親子ともども感じていました。
9 人の方が役に立ったと言っています。
なるさんの画像
なるさん
(2019/10/07に投稿)
5.0 点

楽しみを見つけることができました

周りのお子さんと比べると好奇心がなく、どういったものに興味を示すのか親でありながらはっきりとわかりませんでした。
知育玩具を与えてもすぐに飽きてしまったり、手に取ることもなかったりとどのように導いていけばいいのかわからなかったのです。

それで幼児ポピーポピっこ きいどりを与えてみたところ、すぐに興味を示しました。
テキストをめくって私に質問をしてきたり、ブックを見てしゃべっていたりとこれまでなかった好奇心をやっと持つことができるようになったのではないかと思います。

幼児ポピーポピっこ きいどりはお手頃価格になっているので、我が家のように小さな子供にたくさんの教育費をかけることができないという家庭であっても無理なく続けることができます。

それでいて内容が幅広く、飽きないように作られているので楽しみながら学習ができると思いました。やっと我が家にあったものを見つけることができ、ほっとしています。
7 人の方が役に立ったと言っています。
青い鳥さんの画像
青い鳥さん
(2019/06/26に投稿)
4.0 点

2歳の男の子、ポピーのきいどりを使って学習しました

まず、こちらを毎月定期的に始める前に、無料のお試しを利用してみました。
子供も楽しく自分から進んでやりたい!と言っていたのもありましたが、始めよう、と思った一番の決め手は他の会社と比べてしつこく勧誘の電話がかかってこなかったことです。

実際に始めてみると、今まであまり集中力のなかった2歳の子供が1時間以上机に向かって座っていられたことに感動しました。
またおもちゃなどの付録がたくさんついてくる幼児教育教材もありますが、ポピーはそちらが少ない分、教材に力を入れているように感じます。

小さなおもちゃが増えないことも、ポピーを選んだ理由の1つです。
教材の中身も、ひらがな、数字、色ぬり、などを子供が楽しく学べるようにものすごく工夫をして作成されています。

ひとつ悪いところを指摘するとすれば、どの教材にもありえることですが、子供によっては2歳児にももちゃんをさせると簡単だった、ということくらいです。
実際の年齢よりひとつ上のレベルをすることをおすすめします。
10 人の方が役に立ったと言っています。
そまはるさんの画像
そまはるさん
(2019/06/13に投稿)
5.0 点

月刊ポピー 毎月届くのを楽しみにしています

幼児教材を何か始めようと思った時に、付録のおもちゃなどがどんどん増えていって片付ける場所がなくなるのが嫌で、余計なおもちゃなどが送られてこなくて、その上月々の値段が安いポピーは我が家にピッタリだと思い始めてみることにしました。

初月から、こどもは自分宛てに送られてくる冊子に大喜び。
教材のレベルは少し易しめで、こどもが達成感を味わうにはちょうど良いくらいのレベルだと思います。
できた!という喜びからどんど次へ進みたくなるようにできています。

また、一年通して完成する、できるもんかるたやできるもんシールも、今月はここまでできた、と少しずつできることが増えてくる喜びを感じています。
また、はさみやのりを使って作る工作、オリジナルの物語なども、親子で楽しく取り組んでいます。

こどもは何より時シールが大好きなので、できたねシールなど、たくさんシールを貼るところが多いのも楽しさの1つのようです。
ポピーのテレビCMなどがやっているのをあまり見た事がないので、ぽるんやガッチャなどのオリジナルキャラクターは、そこまで知名度がないと思いますが、毎月色んな表情で登場し、時には新キャラのお友達も出てきたりする所などもこどもは好きみたいで、出てくるキャラクターの名前を全て覚えています。

毎月の量もちょうど良く、ポピーが無かったらおうちでテレビばかり見せてしまっていたと思います。
我が家は、ポピーを始めて大正解でした。
11 人の方が役に立ったと言っています。
ソフトさんの画像
ソフトさん
(2019/04/04に投稿)
4.0 点

「ポピっこ きいどり」工作に大ハマりしました!

子どもが3歳~4歳にかけての1年間、ポピっこ きいどりを受講しました。
他の通信教材と比べお値段が安かったので、あまり期待はしていなかったのですが、届いた教材の紙もしっかりしていて、内容も子供が楽しめるものでした。

毎月季節の事柄や、知育のようなものが組み合わさった本「きいどり」と工作が送られてきます。
うちの子どもは、特に工作が楽しかったようで、毎月届くと一番最初にチェックしていました。
年齢に合った工作なので、無理がない程度の難易度なのが本人のやる気につながったのかもしれません。

「きいどり」の本も、物語の中に知育やひらがなのお勉強が混ぜられている形なので、とっつきやすかったようです。
特別教材での厚紙のお料理セットでも沢山遊びました。セットにはない料理も欲しいと言って、自分で画用紙に書いて追加したりもしていました。

一つだけ難点なのが、付録の補完でした。ほぼ全てが紙での工作や特別教材なのですが、立体の物もあり意外とかさばり、片付け場所に困りました。
8 人の方が役に立ったと言っています。
ショーンさんの画像
ショーンさん
(2019/03/30に投稿)
4.0 点

季節、数や言葉を覚えるのにピッタリ

幼児ポピーのきいどりは、子供の成長に合わせて作られている教材なので、子供も興味を示してすんなりと受け入れてくれます。
内容もバランスよく、季節やイベントに合わせた内容になっていたり、迷路や簡単に出来る工作があったりと、いろいろと楽しめる内容になっています。遊びながら数を覚えたり、迷路などは運筆の練習になったりしてとても良いです。

自分でこれだけの教材やドリルを集めようと思うと、かえってコストもかかったり、手間もかかるので、きいどりはバランスよくセットになっていてとても良いと思います。
子供にとっても、教材との認識は全くなく、楽しくて遊ぶものとしてとらえているのもいいです。

しかも、内容も自然と遊び感覚で身につくように出来ているので、数や言葉など、いろいろなことを自然に覚えていけます。
数字やひらがななんかは出来るようになると、自分の持っている絵本も読めるようになるので楽しいようです。

数も、生活のいたるところで使えるので、こちらもその成長を感じるのも楽しいです。
子供の成長に合わせた、子供も楽しめる教材でおすすめです。
8 人の方が役に立ったと言っています。
hiyokoさんの画像
hiyokoさん
(2019/03/26に投稿)
5.0 点

今まさに4歳の子供がはまっています

色々な幼児教材のなかで、値段が手頃だったポピー。
母である私も小学生の頃やっていたのもあって、子供にもすすめてみました。

我が家の場合は、気に入らないと手を付けない為、まずはお試しを請求してみました。無料だったので気軽に試せました。無料の割にはしっかりした内容で、楽しそうだったのでそのまま申し込みしました。

内容は、ひらがな、数、生活習慣、年中行事、体操と盛りだくさんで、特に工作が楽しいです。付録も付いていて、一ヶ月かからずに終わってしまうこともしばしばです。キャラクターもかわいくて、世界に引き込まれていきます。

特にいいなと感じるところは、親とやりとりをしながら進めていくところです。わずかな時間でも隣に座って話しをしながらできるのはいいことだと感じます。子供がわからない時にはどうフォローしようかと悩む時や、できた時に一緒に喜べるのはとても楽しい時間です。

それと、親の為の冊子も役に立ちました。同じような悩みを持つ親御さんの声や、問題解決のアドバイスはとてもよかったです。無料の親力診断や、相談窓口などもあって心強いと感じでいます。
6 人の方が役に立ったと言っています。
kazuraさんの画像
kazuraさん
(2019/03/07に投稿)
5.0 点

第2子以降の家庭学習にもオススメです

長男が他の教材の家庭学習をしていました。
次男を家庭学習するときに何をやらせようか迷いました。

同じ教材だとDVDやおもちゃなど次男を家庭学習するときに何をやらせようか迷いました。
同じ教材だとDVDやおもちゃなど、すでに家にあるのでもういらないと思い、いろいろな家庭学習を検討しましたが、比較的値段が安い本やワークだけのポピーを選びました。

長男の発育通りに市販のワークを購入しようと思いましたが、やはり季節や生活に沿った絵本やその3歳にあったワークが毎月届くのは本屋などで探さなくても良いのでとても楽でした。
子供もかわいい絵やカラフルなワークに喜んで学習してくれ、お兄ちゃんのような毎月ポストへ届くポピーに喜んでポストから出していました。
届くとすぐに袋開け絵本を眺め読んでほしいとせがみました。
自分のために届く教材が嬉しいようで、自然にに読み聞かせの時間もでき長男と一緒に机に向かって学習習慣もついてくるようになりました。
9 人の方が役に立ったと言っています。
たまママさんの画像
たまママさん
(2019/02/13に投稿)
5.0 点

自分が描いた絵が採用された時の喜び

ちょうど1年前からポピーを取り、幼児教育の一環として取り組んできました。
最初は親がつきっきりで1ページ、1ページをこなしていきました。

そのうち子供も文字が少しずつ読めるようになり、ゆっくりではありますが、全ての文言を読んでいきました。
ポピーの月刊誌のような冊子に子供が描いた絵に目がとまりました。

子供がどうしたらここに絵が載るのかなと疑問を持っていました。
初めてでどうしたらいいのか、雑誌を読んだところ、はがきがありそこに絵をかきました。
最初のうちは採用されませんでしたが、ある時ついに子供の絵が採用されました。

それを見た子供はお守りのように寝る時も話しませんでした。
よほどうれしかったのか、ポピーが届くと自分の絵が採用されたかどうかを、真っ先に確認してから作業に入っています。

ちょっとしたことですが、子供自身に大きな自信が付いたように感じます。
また、非常に物事に対して積極的になってきたのも言うまでもありません。
10 人の方が役に立ったと言っています。
りゅうちゃんさんの画像
りゅうちゃんさん
(2019/01/29に投稿)
5.0 点

幼児ポピーはコストパフォーマンス抜群です

ポピーは付録が少なくて教材がメインになっているのが良いです。
以前は付録が豪華な幼児教育教材をやっていましたが、はじめは興味を持って遊んでもすぐに飽きてしまって処分にとても困っていました。その分ポピーは教材だけで楽しめるように工夫されています。
シンプルなので価格も安く抑えられていて楽しく、無理なく続けることができます。

内容は比較的簡単なのでその分子供も飽きずに楽しむことができます。
シールを貼ったりハサミやのりで工作ができたりなど色々と飽きないように工夫されています。
工作は一人では難しいかもしれませんが、大人と一緒に取り組むことでコミュニケーションのきっかけになります。

毎月季節の行事などが取り上げられているので子供が学ぶきっかけになります。
親もその由来などを詳しく知ることができるので改めて勉強になります。
また、子育て相談サービスがあり経験豊富な方達が子育てに関するあらゆる相談に答えてくれるのでとても頼りになります。
8 人の方が役に立ったと言っています。
たかはさんの画像
たかはさん
(2019/01/27に投稿)
5.0 点

子供が興味をそそられるものが溢れてる!

子供が幼稚園に入園したのをきっかけに、「勉強することって楽しい!」と実感して欲しいのと、学習習慣が無理なくつけられるようにとポピーを始めました。

ポピーは、私自身も小学校のときに家庭学習として使っていたのでなじみがあり、子供にもやらせたいと思いました。
年少さん向けには、子供心をガッチリつかむ仕組みがいっぱいでした。
手を使って絵や写真を1つ1つ切り離し、レストランごっこになったり、交通事故ルールを教えてくれるゲームになったりと、子供が自然と覚えられるようになっています。
あとは、手先を使う作業がたくさんあるので、指運動にもなります。

ひらがなや数の概念を教えてくれるものもあります。「親としてここを着目してほしい」というポイントも書かれているので、親もどこをサポートすれば良いのかわかりやすいです。
自然とえんぴつや消しゴムを使う練習にもなります。

子供はポピーが毎月届くと、一目散に開封して、10日くらいでもうその月の分を終わらせてしまうくらい、楽しんでいます。
9 人の方が役に立ったと言っています。
ボニーさんの画像
ボニーさん
(2018/12/08に投稿)
5.0 点

生活指導もしてくれるのでありがたい

幼児ポピー ポピっこのきいどりを購読しています。3~4歳が対象です。
丁度この頃になると有る程度まとまった文章で話すようになったり他の家の子とコミュニケーションを取り始める年頃なのでこの頃の教育が大切です。

ポピーきいどりの内容ですが、読み、簡単な算数、生活指導が主な内容です。
算数は基本的に数の数えや図形です。
指で数えられる範囲内の数の計算と「○角形」という形の説明などです。
こくごは動物の名前や感情や大きさ等の形容詞です。まだ副詞までは出てきませんでした。
もっとも子供に文法を形で教えても覚える事は難しいです。
我々大人だって中学高校の英語を文法で覚えようとして実務的な英語が使えないというジレンマに陥っている訳ですから、小さいネイティブの日本語スピーカーの子供には感覚で覚えさせるのが手っ取り早いです。

生活指導ですが、基本的な挨拶やフォーク・ナイフやお箸の正しい持ち方、お片づけの、歯磨きの指導などがメインでした。
挨拶の部分等は国語の延長戦ととらえる事も出来ます。
全体的にそんな高度な内容ではありませんしカラーの図や迷路等のゲーム感覚なので楽しそうにやってくれます。
10 人の方が役に立ったと言っています。
モンキーさんの画像
モンキーさん
(2018/11/15に投稿)